自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

500万円得する!理想の中古住宅?

TSデザインで本格的にリノベーションを始めて2年あまり。
中古物件を工事しながら、いつも考えていました。

「理想の中古物件ってあるのかな…?」あくまでも私見ですが、

500万円以上得する中古物件のポイントを5つ挙げてみます。

足場シート


① 築年数は昭和56年以降 ☆

理由はこの年、建築基準法が変更され「新耐震基準」になったからです。
耐震診断した場合に基準値「1.0」をクリアする物件なら文句なしです。

もし基準値クリアしていたら「200万円の評価ポイント」
耐震基準適合証明書を発行しますので、確定申告時に節税効果も得られます。

IMG_0549.jpg

② 土壁の家 ☆

土壁は 言うまでもなく 自然素材です。70mm~100mmの厚さでお家を守っています。
優れた長所 「調湿性+蓄熱性+保温性+防音性」 塗りが厚いと耐震性もあります。

ところが最近では 費用対効果に見合わず 皆無になってきました。
土壁の家を リノベーションして甦らせる事に、すごく意義を感じる今日この頃です。

島根県は土壁の家が多いと思うので、是非 残せるモノは残したいですね。
長所はそのままに。短所は補えば良いのです。

評価はプライスレスという意味で「ゼロ」


③ 屋根瓦 ☆

屋根瓦は50年持つと言われています。私もそう思います。
土葺きでは無く、桟木仕様になっている瓦屋根ならベストでしょう。

ただし1975年前後に鉄くぎで施工された屋根瓦は要注意!
鉄くぎが膨張して瓦が割れるケースがあります。気になる場合は事前に調査しましょう。

1985年以降はステンレス釘が使用されている場合が多いので安心です。
さらに幸運にも屋根瓦が最近、葺き替えてある場合「150万円の評価ポイント」


IMG_0470.jpg


④ 外壁 ☆

外壁は焼杉(やきすぎ)板張り。補修も容易で建材も安いので悪くないです。
将来 構造用合板に張り替えて外断熱+塗り壁にするのが最善の補強策と考えます。

でも中古購入時にそこまで出来ない場合も多いですね。
築後50年経過時に 屋根替えで足場を組むので、その時に検討しましょう。

IMG_2938.jpg

IMG_0064.jpg


⑤ 基礎 ☆

現代の新築と同じ「ベタ基礎」になっていたら幸運です。
湿気対策+耐震性+防蟻性が優れています。改修可能ですが費用が嵩みます。

もし、ベタ基礎の家なら「150万円の評価ポイント」
ちなみに昭和60年以降の志田尾工務店の建物はベタ基礎の割合が多い様ですね。

IMG_0491.jpg

いかがですか?ご存知の事も多いかも知れませんが、一覧でまとめてみました。
☆中古物件を購入される場合のチェックポイントとしてブックマークしておきましょう。

断熱材が施工されているか?既存がユニットバスか?など。
この他にも、いろいろ評価ポイントがあります。

この評価ポイントとは、改修費用から逆算したものです。
「改修工事をしたら500万円以上かかる」モノが、購入時にされていればその分お得ですよね?

なかなか 5つ同時にクリア☆☆☆☆☆は難しいでしょうが…。
私も中古物件では、まだ出逢った事がありません。いつか御紹介したいですね。


ご参考まで。

詳しくは 2/25(日)13:00~ 先着予約制(3名) の下記講座でもお話したいと思います。

「 リノベーションとリフォームの違い 」

興味のある方は 0120-961-011 担当:河島 お待ちしております。


スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

シェアハウス 銀杏荘 ①

浜田市黒川町にてリノベーション工事中の「銀杏荘」
築39年の2階建て住居の1階を3室のシェアハウスにします。

先日リノベーション計画をイラストにしてお渡しました。
IMG_2038.jpg
2階の空間はオフィスとして、小屋裏の構造を見せて仕上げる予定です。
IMG_2004.jpg
解体してみました。昔の小屋裏の構造はかっこいいですね。
IMG_2035.jpg
プロジェクターを使う計画も将来あるらしいですよ。

IMG_2037.jpg
1階のレイアウトを簡単に上から見たようなイメージ。

IMG_2036.jpg
外観は昭和感のある普通の2階建てです。

TSデザイン初のシェアハウスのリノベーション。
完成が楽しみです。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

住宅ローン減税の確定申告

毎年2月中旬から3月中旬まで 「 確定申告 」 の文字を見かけます。
TSデザインのお客様が対象になるのは「住宅ローン減税」ですね。

「10年間 借入れ金額の残高の1%が支払った税金から還付されます」

例えば2000万円借入れした場合。年末残高の1%は20万円。これが10年間戻ってくるイメージ。
そうすると 「総額200万円 減税の恩恵を受けた」 という事になりますね。

IMG_4101.jpg

ちなみに税には2種類あります。 「納付金」 と 「還付金」です。

納付金は「支払う義務のある税金を申告して収める税金
還付金は「自分が収めた税金から「返して下さい!」と申告するお金

実は、還付金の申告は、この2月中旬~3月中旬に行う必要はありません。

「納付申告」のみ、この期間に行う事が決まっているのです。
還付金は申告した時から、満たした条件の税金が戻って来ます。

では、この期間に申告するメリットは?
浜田税務署の方に聞いてみました。

① みんなと同じ時に確定申告する事で還付申告を忘れる事を防ぐ。
② 税務署に普段よりも多くの相談窓口が開設されて手続きがスムーズ。

なるほど…。

IMG_1803.jpg

今年は 年末お引渡しのM様までが減税申告できますね。
TSデザインでは「増改築証明書」の発行をこの時期に行います。

★★クリック★★ 昨年の確定申告ブログ

↑浜田市の空家バンクも 記事にしています。
  では 2018年の確定申告 お忘れなく。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

浜田市三隅町 R完成しました

浜田市三隅町の空家バンクに登録物件をご購入されTSデザインへ。
補助金申請のサポートからお手伝いさせて頂きました。

昨年11/20~年越しで工事させて頂きました。
実働2ヶ月のスピード感のある工事でしたね。

IMG_1937.jpg
今回の見せ場はキッチン背面の壁。素敵なフォーカルポイントになりました。
IMG_1942.jpg
完成したリビングはいつもよりワンランク落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
床材のウォールナット色を中心にしたシックなコーディネートです。

今回は、それぞれの場所のビフォー・アフターを見て頂きます。

まずはキッチン。壁が 「 コの字 」 に見える初期の対面型キッチンでした。
IMG_0935.jpg
 ↑ ビフォー      ↓ アフター
IMG_1879.jpg
スパッと吊戸棚を取り外しました。景色が変わりましたね。
IMG_1936.jpg
◆「 L型に壁の見える 」 開放的なキッチンになりました。


IMG_0937.jpg
 ↑ ビフォー      ↓ アフター
IMG_1940.jpg




IMG_0934.jpg
 ↑ ビフォー      ↓ アフター
IMG_1875.jpg
トイレの幅は広くしていませんが広く感じますね。不思議です。
IMG_1952.jpg
◆トイレもタイル張りのやや寒々した状態からタンクレス+造作手洗い。
 壁出し水栓はお手入れがカンタンです。



IMG_0933.jpg
 ↑ ビフォー      ↓ アフター
IMG_1947.jpg
◆洗面台もシンプルでスッキリしましたね。
 こちらも壁出し水栓。カウンターをサッと拭けます。


また内窓はアイアン風に木製建具屋さんに特注でオーダー。
実は開閉もできる仕掛けになっているんですよ。
IMG_1941.jpg
良い感じになって一安心。カーテン替わりの断熱効果も期待できます。
今後も御提案する現場が増えるかも知れません。

パイン材の素地を見せない仕上げ(塗装仕上げ)も良いですね。
塗装屋さんの活躍が際立った浜田市三隅町のリノベーションでした。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

給湯器の凍結防止について

今年一番の寒さになりました。
雪だるまの季節ですね。

20170115_100658.jpg

一昨年は浜田地域も凍結による被害が多発しました。

この時期になると気になる「給湯器と凍結対策」について。
うまくまとめているサイトがあったので気になる方は御参考に。

クリック★★給湯器の凍結防止策★★

インフルエンザも流行っている学校もあるそうですので気を付けましょう。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback