自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

インスペクション ?

既存住宅状況調査=インスペクション と言います。
中古住宅の購入を考えている方は覚えておきましょう。

平成30年4月から宅建業法で不動産売買時に「インスペクション」に関する説明が義務化されます。
中古を買うのに「どんな物件なのか、素人では解らない」問題を少しでも解決する目的です。

平たく言うと「中古住宅の健康診断書」みたいな物でしょうか。

もう少し詳しい説明は↓こちらをクリック
オールアバウト「インスペクション」

国土交通省の指針で「建築士の資格者」のみインスペクションできる事が決定しました。
私も来月、技術者講習を受けて参ります。安心して御相談頂きたいと思います。

今、中古住宅業界は、そんな事になっております。

さて、江津市和木町でもうすぐ大型リノベーション工事が始まります。
先日「平屋+LOFT」で手描きパースを公開したお家です。→「平屋+LOFT」提案編

210 - コピー

築30年の大変キレイに使われた平屋のお家。
中古物件の購入前にTSデザインでインスペクションしました。

当時のスタンダードな外観仕様です。
①瓦屋根
②焼杉板の外壁
③窓上の高い位置の壁は漆喰

191.jpg
↑和室には立派な床の間。
200.jpg
お風呂やトイレも、昭和の仕様です。
202.jpg
↓当時の分電盤はブレーカーが少ないですね。
199.jpg

床下や天井裏も確認させて頂きました。
IMG_0373.jpg
↑屋根裏では思ったよりも大きな梁「敷桁」シキゲタ を発見。
IMG_0370.jpg

この敷桁を活かしたPLANを計画中です。
下図の赤い帯状のラインが敷桁。長さも立派ですね。

226.jpg
↑既存図  ↓計画図
IMG_0618.jpg

完成見学会(工事途中見学会)も計画しております。
ワクワクするリノベーションの予感がします。お見逃しなく!

スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

知らなきゃ200万円損をする?

いきなり残念なお知らせです!
早くも今年度の浜田市のリフォーム補助金が満了しました。↓

浜田市 住宅リフォーム助成制度 ★重要なお知らせ

4月募集からわずか3か月…早いです。認知度が上がったのでしょうか。
来年はもう少し予算がついてくれると嬉しいですね。

しかし!補助金や助成制度はこれだけではありません。
知らなきゃ200万円も損をする?今からでも間に合う補助金のお話です!

★しまねの木「県産木材」「石州瓦」を使った場合の補助金
新築はもちろん、リノベーションでも こちらを活用頂こうと思います。
↓ご存知ですか?増改築でも条件がそろえば最大¥400,000円のキャッシュバック!

IMG_0450.jpg

IMG_0449.jpg

補助金総額は新築リフォーム合計で 1億2000万円!(昨年より2000万円UP!)
まだまだ大丈夫かと思いきや!優しい木材協会の方が教えてくれました。
「現在115件の申込みがあり、あと2ヶ月くらいかな?
ちなみに昨年は211件の申込みで、9月15日で満了になりましたよ。」


今年は予算アップしましたが金利も引続き低いですからね。
御計画のある方は、お早めに申込みをオススメします。

↓詳しくは↓
木の家ですくすく子育て応援事業

★浜田市で浄化槽設置の場合(新築リフォームとも)
標準的な5人槽の場合、旧市街地は¥332,000円の補助金があります。

★空き家バンクの登録物件のリフォーム補助金(上限¥500,000円)

↓詳しくはないですが^^↓
空き家バンクの物件専用の補助金:過去のブログ

そうそう。住宅ローン控除も確定申告を忘れずにGETしましょうね。
ざっくり言えば「増改築費用の10%が戻ってくる制度」ですからね。
(耐震基準を満たせば中古物件購入費用も)

幸運にも上記の全て該当する方は総額200万円以上も得をします!

TSデザインでは、申請書類作成のお手伝い・アドバイスなどさせて頂いております。
知らなきゃ損する補助金のお話。お気軽に御相談ください。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古購入と住宅ローン減税★要注意★

突然ですが、中古物件を購入してリノベーションを検討中の方へ★要注意★です。

20161110_093444.jpg

「 住宅ローン減税 」ご存知ですよね?そうです。
・年末の住宅ローン残高の1%×10年間、所得税から還付される制度・です。
簡単に言うと 「2000万円借入れした場合、20万円×10年=200万円キャッシュバック制度」

「確定申告したら 誰でも減税されるんじゃないの?」
「残念。大間違いです。それは新築の場合。」

中古物件の購入→リノベーション→中古購入費も工事費も住宅ローン減税を受けたい場合。
「耐震基準適合証明書」が必要です。(住民票の異動にも注意が必要)
詳しくは↓↓

耐震基準適合証明書とは?

ポイントは「耐震基準を満たしている(改修して満たす)建物か?」
ちなみに適合証明書は弊社で作成可能です。

★要注意★
「 ローン減税や補助金あります。耐震補強をしますか?しませんか? 」

20161113_114820.jpg

この文脈だと耐震補強をするのがお得のようですが…。
「 お客様の自由ですよ。 」

ただし、知らないのは残念ですよね。
「知っていれば耐震補強したのに…。」とならないように。
できれば耐震診断をして費用対効果を考えてみましょう。

実際に昨年、両方のお客様がいらっしゃいました。

①耐震補強してリノベーション。住宅ローン減税を取得された方。
②費用対効果を考慮して、コストを抑えてリノベーションされた方。

どちらのお客様も、判断に納得の上で新しい生活をGETされました。
それぞれ満足度の高いリノベーションになり、お喜び頂けました。

これからも大切にしたい事は 「 物件と向き合って丁寧にアドバイスさせて頂く事 」 
あとで後悔して頂きたくないので、必ず正直にお答えする事をお約束します。

では今回の★注意点★くれぐれも お忘れなく!

※ 弊社で工事頂いた方には確定申告時に必要な 増改築工事証明書をお渡します。
  工事費用については耐震改修の有無に関係なく、ローン減税の対象になります。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

昭和56年と耐震基準

1981年(昭和56年)生まれの方、ちょうど新築をお考えの方もいらっしゃるでしょうか。
今回は、知らないと損するかも知れない「耐震」のお話です。

IMG_2896.jpg

建築基準法で定められている「耐震基準」について。
日本では大きな地震が起きる度に改正されて来ました。

覚えて頂きたい年号は2つ「1981年」と「2000年」です。
中古物件の購入を考えている方はココ。チェックしましょう!

特に1981年(昭和56年)6月~は耐震基準の大きな節目でした。
「基礎」は、鉄筋入りのコンクリートの義務付け。
「耐力壁」は必要量が増加し、家の四隅が筋交で固められる様に。

詳しくはオールアバウト↓ご覧下さい。
住宅の耐震基準は1981年と2000年が転換期

もし、中古住宅を買ってリフォームするなら耐震改修は考えるべき。
「1981年以降の建物なら改修費用が抑えられる可能性が高い」が結論です。

せっかく買うなら1981年以降、それ以前がダメと言う話ではありません。
1981年の基準も阪神・淡路大震災後の2000年基準で再度見直されています。
つまり20世紀に建てられた建物は全て「耐震性に注意が必要ですね!」という話です。

ちなみに「浜田市の住宅リフォーム助成金」は1981年を境目に対応が変わります!
1981年以前の建物は耐震診断(診断のみでOKですが実費必要)が条件です。

1981年以降の建物は上限20万円で工事費用の10%の助成が今年も4/10~始まりました。
↓早い者勝なので、気になる方はお早めにお申し込みを。
浜田市リフォーム助成金

はい。こちらは築年数不明(!)1981年以前の建物を大型リノベーション中です。
外観も大きく様変わりする予定なので完成を御覧になりませんか?

IMG_2937.jpg

IMG_3430.jpg

あと約1ヶ月で完成を予定しているこちらのリノベーション。

このブログを御覧の方から限定で今日から見学予約を開始します。
5/27(土)午前の部10:00~と午後の部14:00~のどちらか御希望下さい。

フリーダイヤル 0120-961-011 担当:河島まで。

当日の地図など御案内状をお送りしますので御予約下さい。
(今回は御案内の方のみの 完全予約制 とさせて頂きます)

TSデザインの新築同等の耐震基準でリノベーション設計させて頂きました。
全面的な改修なのでリフォームをお考えのどなたにも参考になると思います。

また詳しくは来週の新聞折り込みチラシでもご案内しております。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。