自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

キッズデザイン?

キッズデザインって聞いた事ありませんか?
こんなマークの付いた商品とか。

IMG_0749.jpg
今週8/21に2017キッズデザイン授賞式があったそうです。
「キッズデザインに日本で一番 取り組んでいる企業は?」

7年連続最多受賞のPanasonic パナソニック みたいですね。
どんな物かと調べてみると、単品の商品開発だけでは無くて…。

「子育て世代の家づくりと関連付けて商品開発」
ん?参考になるかも…!

①子育て中の両親の声から導いたコンセプトと、8つのくらし提案
 → Kodomotto(こどもっと)

②子どもと暮らす住まいのカタチ
 → ウチコト

「そうそう。これ説明したかったんだよね。」とか
「これ見て来てもらうと 話が早いだろうな…」とか、さすが受賞作!
ココで見たアイデアをTSデザインでも実現できますよ^^

新築・リノベーションを問わず参考になるアイデアがたくさんありますね。
この「わかりやすく伝える」デザイン的思考が「キッズデザイン」なんでしょうね。

IMG_0750.jpg


「うちの本当のお客様は、子供たちかも知れないね」という社長の言葉を思い出しました。


スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

インスペクション ?

既存住宅状況調査=インスペクション と言います。
中古住宅の購入を考えている方は覚えておきましょう。

平成30年4月から宅建業法で不動産売買時に「インスペクション」に関する説明が義務化されます。
中古を買うのに「どんな物件なのか、素人では解らない」問題を少しでも解決する目的です。

平たく言うと「中古住宅の健康診断書」みたいな物でしょうか。

もう少し詳しい説明は↓こちらをクリック
オールアバウト「インスペクション」

国土交通省の指針で「建築士の資格者」のみインスペクションできる事が決定しました。
私も来月、技術者講習を受けて参ります。安心して御相談頂きたいと思います。

今、中古住宅業界は、そんな事になっております。

さて、江津市和木町でもうすぐ大型リノベーション工事が始まります。
先日「平屋+LOFT」で手描きパースを公開したお家です。→「平屋+LOFT」提案編

210 - コピー

築30年の大変キレイに使われた平屋のお家。
中古物件の購入前にTSデザインでインスペクションしました。

当時のスタンダードな外観仕様です。
①瓦屋根
②焼杉板の外壁
③窓上の高い位置の壁は漆喰

191.jpg
↑和室には立派な床の間。
200.jpg
お風呂やトイレも、昭和の仕様です。
202.jpg
↓当時の分電盤はブレーカーが少ないですね。
199.jpg

床下や天井裏も確認させて頂きました。
IMG_0373.jpg
↑屋根裏では思ったよりも大きな梁「敷桁」シキゲタ を発見。
IMG_0370.jpg

この敷桁を活かしたPLANを計画中です。
下図の赤い帯状のラインが敷桁。長さも立派ですね。

226.jpg
↑既存図  ↓計画図
IMG_0618.jpg

完成見学会(工事途中見学会)も計画しております。
ワクワクするリノベーションの予感がします。お見逃しなく!

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

家とお庭+α

前回は、家とクルマから考えた、敷地の使い方。
今回は家を建ててからも考え続ける、家づくりの永遠のテーマです。
「家と庭とそれ以外のスペースについて」

地価が安く敷地に余裕のある島根の家づくり。
せっかくのメリットを最大限に活用する質問です。

「もし家を建てたら、お庭でしてみたい事は何ですか?」

5/13(土)「家とエクステリア」個別相談会 (予約制)あります!
11:00~ 14:00~ 16:00~ OBさんも初めましての方も。
どなたでも御相談ください。 0120-961-011(河島担当します)

緑豊かなアプローチ

◆今まで伺った中で、一番人気は家族でBBQ!

・ウッドデッキはいかがですか?
・目隠しがあると気兼ねなくBBQを楽しめますよ。

◆自然を身近に感じる場所は、心も体もリフレッシュされる癒しの空間!

・菜園スペースがあれば、採れたて野菜のサラダも良いですね。
・一度は憧れる芝生のお庭も夢ではありません。最近はフェイク芝生も!

◆クルマを使わずに、家族と過ごせる「庭時間」

・砂場(フタ付きの既製品もあります)や、ペットも一緒に遊べるドッグラン。
・夏にビニールプールで水遊びしたり、花火をしたり、キレイな夜空を眺めたり。

DSCN0210.jpg

お庭でしてみたい事を考えると、心が躍るようなワクワク感がありませんか?
完成してから楽しめる家が一番だと家を建ててから特に感じます。

そう言えば、自宅でも妻が「男子を育てるママ友」の会。
子供も一緒に家の中、外使って ワチャワチャ!心もお腹もいっぱいになってました。
お招きするのが日々の励みになるなんて。想定外の歓びです。

あなたの御家族の「お庭でしてみたい事」教えて下さい。
その為の広さは5坪もあれば充分かも知れません。

以前 OB様から頂いたアンケートに素敵なコメントがありました。

HOUSEを作る事だけでなく、HOME(家庭)を造る事を提案して頂けたような気がします」



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

家と駐車スペース

DSC_0012 (2)

「駐車スペース2~3台は欲しいですね」
家づくりや土地探しのお話をしていると、よく聞きます。このワード。

具体的に2台分・3台分の駐車スペースとは「何坪」でしょうか。
簡単に計算できますよ。

1台あたり3m×6mがお奨めの駐車スペースです。
(コンビニの駐車スペースは2.5m×5mで設計されている事が多いです。)

2台では6m×6m=36㎡。3台では9m×6m=54㎡。

坪換算すると 「2台で11坪。3台で16坪」
1台およそ5坪は必要。と覚えておきましょう。

IMG_2008.jpg

もうひとつ注意点は「土地と道路の関係」専門用語では「接道」と言います。

「お奨めの道路に接している長さはどのくらいでしょう?」
「10m以上接道していると駐車スペースを複数 確保しやすい目安になります。」

「土地に接している道路の幅が少ないと道路に出にくいですね。」
「できれば4m以上の道路幅が理想です。浜田は道路の狭い場所も多いかも知れません。」

都会の狭小地で「どうやってクルマを停めたんだろう?」なんて事例を見た事がありませんか?
奥様が駐車が苦手という方も多いですし、大切なクルマを傷付けたくないですね。

では良い駐車スペースとは・・・?土地のどこに家を建てるか!が、とても重要なポイントです。
TSデザインでは駐車スペースも含めた外構計画を必ず家づくりと並行して御提案します。

DSCN1447.jpg

特にクルマ必須の島根県での家づくり。まさか駐車スペースで失敗なんて…したくないですね。
しかし、やみくもに広い土地を購入するのも もったいない。もったいない。

①欲しい家の広さ
②必要な駐車スペース
③お庭+α

もし、この3つを考えてから、土地探し出来たら失敗しないと思いませんか?
次回 「家とお庭+α」 についてお伝えしますね。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

家とクルマ

新築・リノベーション…と住まいのお話をさせて頂いておりますが。
「家とクルマ」について。ちょうどスーモマガジンでも特集されていました。

20170406_082537.jpg

みなさん一度は考えた事 ありませんか? 「ガレージINハウス」

雨に濡れずにストレスフリーで家まで入れて、車も汚れない!
室内物干しや収納スペースと兼用したり。
いろいろ便利な土間スペースになるかも知れませんね。

こちらは、2年前に見学会もさせて頂いたY様の施工事例です。
かなりスッキリ建物内におさまったなぁと感じておりました。
今度2年目点検の時には、お使いの感想をインタビューしたいと思います。

IMG_7571.jpg

IMG_7566.jpg

IMG_7567a.jpg


家とクルマの関係を、別の視点から考察した記事。
私も驚きました。
「車にかかる費用は生涯で4000万円」 えっ!!! 1台で?

All About 「車にかかる費用は・・・」

少しおおげさかと思って、持家なら駐車場代はかからないし。
軽自動車換算したりして。生涯(50年換算)で計算したら…。
それでも2500万円くらい…? ご参考まで。

「ガレージINハウス」にする事で維持費を抑えられる?
・島根に住むなら 「賃貸に住んで、駐車場を借りる」 のはもったいない?
・車1台で生活できる土地って?

色々と質問が湧いてきますね。
家とクルマ TSデザイン 志田尾工務店へ御相談下さい。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。