自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

浜田市宇野町 リノベーション①

浜田市宇野町にてリノベーションのお話をいただきました。
築30年の中古住宅を浜田市の空家バンクで購入された。との事。

IMG_0469.jpg

IMG_0470.jpg

IMG_0481.jpg

IMG_0483.jpg

偶然ですが、30年前に 「志田尾工務店」で建築された建物 。
事務所に当時の図面がキチンと保管されていたので、改修計画もスムーズでしたね。

「 ほぼ全面改修リノベーション × 志田尾工務店の建物 」 開始しました。

IMG_0562.jpg
↑ このあたりがLDKの入口になります。
IMG_0549.jpg
↑ 床の間だったスペースは対面式のキッチンになります。
IMG_0555.jpg
↑ 立派な構造材がでてきました。しかし、当時は屋根裏に断熱材が施工されていませんね。
  今回、屋根裏をしっかり断熱して LDKに約4mの高い天井空間を作ります。

こちら 築30年の中古物件と言っても、まだまだ築浅の部類に入るかも知れません。
また、当時の志田尾工務店の建物。良いです。はっきり言って「買い」です。

解体して改めて「 丁寧な作業により、傾きが ほとんどない事 」 がわかりました。
もし空き家バンクで「志田尾工務店の建物」に出逢えたら幸運だと思います。

ちなみに建物の不動産的評価は30年経過すると「¥0(ゼロ)」と言われますね。
でも本当の家の価値は30年くらいで無くなりません。
このお家を見ていると そう思います。

当時の志田尾工務店の職人さんの心意気に負けないように、リノベーション進めます。



スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

吹抜け ビフォーアフター

「家族が増えたので吹抜けを子供部屋にしようかな?」
2011年に新築のTSデザインOB(既工事のお客様)からの御相談。

↓コンパクトな間取りながら開放感を得る為に作った新築時の「吹抜け」

P1090857.jpg

しかし!断熱のしっかりしたお家でなければ諸悪の根源にも成りかねません。
例えば、屋根裏の断熱が不足していると暑い寒いがダイレクトに吹抜けに!

そこにエアコンをかけても、FANでかきまわしても、なかなか効かないですよね。
昭和の建物で吹抜けを後悔されているのは「断熱不足」が原因です。

P1090902.jpg

その点、TSデザインは屋根裏もしっかり断熱。外壁もW断熱で安心です。
夏涼しく冬あたたかい吹抜けライフ!天井の高いリビングは、気分もあがります。

また、吹抜けのメリットは、開放感の他にもあります。
2階の家族の気配も分かるし、家のドコにいても温度差の少ない心地よさ。
実際に住んでみないと実感できないかも知れませんが「心地よさ」大切です。

さて、そんな吹抜けの今までの活躍に感謝しながらプチ・リノベーション。
工期は4日で床張りから塗り壁の補修まで完了できました。

P1090874.jpg
↑ ビフォー(梁のある吹抜け) ↓アフター(あっと言う間に床ができました)
IMG_0318.jpg

実際できあがると 「 開放感 ≦ 床面積 」 でしょうか?
やっぱり床面積が広いのは便利ですね^^

正直、新築時はコスト面からも床面積を広げられませんでした。
今回のように「将来、吹抜けを床にする」前提のPLAN。ありかも知れませんね。



IMG_0377.jpg
↑ もともとの梁の上に新築時と同じ28mm厚の床板を施工。
  そうです。この床板なんと1階の天井も兼ねているのです!
  「省施工+自然素材」 TSデザインのコストダウン提案の基本です。

IMG_0378.jpg
↑今回施工した扉・床板と、もともとの天井材や扉の向こうの床の色の差!
 わかりますか?でも大丈夫です。今後だんだん馴染んできますから。
 お子様の成長と共に…。 そんな経年変化も自然素材の面白いところですね。

TSデザインで新築を担当したお家のリノベーション。感慨深いです。
「家族と共にそだつ家」 今後とも よろしくお願いします。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

平屋+LOFTのリノベーション【提案編】

みなさん一度は平屋に住んでみたいと思いませんか?
しかもそこにLOFTがあったら…。

新築では難しい平屋暮らしも、中古購入すれば可能性はあるかも。
瓦屋根の多い島根は、屋根勾配もあるのでLOFTに適していますよ。

ちょうど現在、中古物件の平屋をご購入予定の提案例をどうぞ。
IMG_0308.jpg
次回で3回目の打合せ。この辺でGOALのイメージを共有したいですね。
予算に余裕は無いのですが、思いきってLOFTを作る御提案をしました。

理由は3つ。
平屋とLOFTはとても相性が良い。
リノベーションの最初に計画しておかないと「後から」がなかなか難しい。
このタイミングでLOFTの有無を固めたい+LOFTの良さをお伝えしたい。

とりあえずピンタレストで画像を集めて御提案したり。
IMG_0309.jpg

↓ 昨年の施工事例の写真を見て頂いたり。
DSCN2628.jpg

↑ ビフォー(解体時)   ↓ アフター(完成時)

IMG_0812.jpg


TSデザインの新聞チラシでおなじみの「手描きパース」
↓ 今回は特別に描写過程を初公開です。

IMG_0347.jpg
①一番奥の壁を描きまして。
IMG_0348.jpg
②構造材(骨組み)を描くと解体状況が想像できたりします。
IMG_0350.jpg
③ここで別の紙に清書しながら魅せたい部分の描写を進めます(LOFT・TV壁)
IMG_0351.jpg
↑ このPLANは、キッチンの上がLOFTになっていますね。
IMG_0352.jpg
↑ こちらは画面手前にキッチンを配置して黒壁が将来の子供室に。
IMG_0353.jpg
↑ これがイチオシ最終案。階段を作ってTV壁の位置を変えて広々LDKにした場合。

④あっという間に、3種類のパースのできあがり!

パースを手描きしていくと、イメージ(妄想)が湧いてきて脱線したり発見があったり。
結果、2種類の作図予定が今回の様に3種類になったりします^^

せっかく平屋を購入するなら 「 LOFT 」 オススメです。

ちなみに打合せの結果、LOFTありの最終案に決まりそうです。
お客様にキチンとイメージが伝わったので、パースを描いた甲斐がありました。

今秋着工予定のリノベーション。みんなの憧れ 平屋暮らし いいですね。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

雑草対策と外構工事

梅雨になりました。
今年は雨が少ないですね。

この時期、悩みの種は「雑草」ではありませんか?
そんな雑草対策をきっかけにリフォーム外構工事をさせて頂きました。

149.jpg

↓ ビフォー      ↑ アフター 

DSC_0274.jpg

かなり広大な敷地でした。使い勝手を伺いながら…。
費用対効果を考えて何度か御提案させて頂きました。

お客様が1人でエリア分けを考えるのは正直難しいかも知れません。
お話を伺いながら一緒に考えました。今回はSTAFF謝敷さんも一緒に。

DSC_0284.jpg
手入れの難しい通路も側溝とコンクリートで雑草シャットアウト!
051.jpg


DSC_0282.jpg
裏庭の物干し屋根の下もコンクリートで万全の対策ができました。
キチンと側溝を設置して雨水対策する事も大切ですね。
052.jpg

最終的には大きく3分割。
「コンクリートエリア」「芝生エリア」「瓦チップ+防草シートエリア」に区分け。

089.jpg

151.jpg

154.jpg

093.jpg

095.jpg

最後に植栽を2本(ヤマボウシ・シダレ紅葉)植えて完成しました。

150.jpg

これからは綺麗になったお庭を眺めながら芝生の成長を楽しむ日々。
今までのように雑草に悩まされず済みそうですね。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

リノベーション完成しました。

5月の晴天の中、限定見学会させて頂きました。
わざわざお越し頂いたみなさま。ありがとうございました。

20170527KG.jpg

「新築の見学会かと見紛う程キレイです」
「木の香りがする」「ほっとしますね」
「リノベーションって、ここまで出来るんですね」

御覧の方の感想、素直に嬉しかったです。
自然素材リノベーションの意義を改めて感じる事ができました。

「TSデザインの新築と同じ素材で、健康的なリノベーションを自信を持って御提案します」
どうぞ完成写真を御覧下さい。

IMG_0122.jpg

IMG_0143.jpg

20170527DK.jpg

白いレンガタイルをアクセントにブルーグレーのインテリアでまとめたDK。
床材はペットと暮らす為に防傷タイプを選びました。

20170527shu.jpg

水廻りも、もちろん全てリノベーションしています。

20170527UB.jpg

IMG_0129.jpg

20170527toire.jpg

扉の無いトイレなど安全面を配慮したデザインも採用頂きました。

20170527Ktn.jpg

施主支給品

間仕切り壁

お持ち頂いた家電収納で間仕切り壁を作り、上部を解放して建築と一体化しました。

IMG_0154.jpg

20175027K.jpg

BLG20170527.jpg

カーテン選びもお任せ下さい。
DKと寝室。お部屋に合わせた雰囲気でコーディネートしました。
キッズデザイン受賞のタッセル。丸い部分がマグネット式で使いやすいですよ。

20175027ss.jpg

寝室収納の右側はデスクを置いて書斎スペースになります。

IMG_0068.jpg

↑こちらが今回のPLANの3Dイメージです。
1階およそ45㎡の中に暮らしのほとんどをコンパクトにまとめました。

20170527KDL.jpg

20170527NT.jpg

入口わきの植栽は、よく見たら「 ナンテン 」こんなに大きな樹は珍しいです。
工事前からずっと・・・。そしてこれからも、この家の暮らしを見守っていくのでしょうね。
今後とも よろしくお願いします。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。