自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 

浜田市 リフォーム補助金【改正】

2018年4月。浜田市の諸手続きも新年度に入りました。
浜田市「住宅リフォーム助成事業」受付開始されました。

足場シート

今年度より、制度が大きく変わりました!具体的には4つ。

①申請できる人に条件が付きました!

→ 子育て世帯(18歳以下の子供)、高齢者(65歳以上)、障がい者、U・Iターン者が居住している事。

②そして上記の人に配慮した工事のみが補助対象に。

→ 例えば、子供室の内装は補助対象。でも親の部屋の内装は×。

③リフォーム対象工事費用が50万円から20万円以上に引下げ。

→ ②の様に対象工事が限定される為、緩和されました。

④古い建物の場合、耐震診断が必要条件でしたが、緩和。

→ 昭和56年以前の旧耐震基準の建物でも耐震診断は努力義務に変更。

↓詳しくはこちら↓
★★クリック★★浜田市HP住宅リフォーム助成事業★★

あと、申込み先が建築住宅課(旧警察署)になりました。
工事費用の1/10補助なので「200万円以上の工事はMAX20万円返金されます!」

DSCN2767.jpg

総予算は7,818,000円との事ですので、ざっと先着40~50名様まで!

昨年は6月には終わっていたような・・・。
さ、早い物勝ちです。お早めに。お早めに。


スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

浜田市空き家バンク

浜田市空き家バンクのHP見たことありますか?
★★浜田市空き家バンク★★クリック★★

現在25件の中古物件が登録されていますね。
このうち交渉中が5件あります。

今回は、【意外と知らないチェックポイント】を3つ御紹介します。

IMG_1952.jpg



① トイレの項目 『汲取』 『水洗』 『浄化槽』 『下水道』 について
   学校では教えてくれない排水形式。要チェックです。

 「汲取」…【くみとり】と読みます。いわゆる「ボットン便所」です。
       簡易水洗に改修してある物件もありますが、合併浄化槽オススメします。
       トイレ改修+合併浄化槽費用(100~150万円)を頭に入れるべきです。
       ちなみに浜田市の補助金332,000円(今年度実績)あります。

 「浄化槽」…単独槽の水洗トイレ。または合併浄化槽(2000年以降)。
       一応、このまま使い続ける事は可能です。便器交換も可能です。
       (単独槽は2012年の法改正で現在は新設できません。)

 「下水道」…普及率の低い浜田市で下水道の物件は幸運です。
       下水道料金はかかりますが、浄化槽の費用メンテナンスなど不要。


20170406_082537.jpg


② 駐車場なし

まず敷地が道路にどのくらい接しているか?チェックしましょう。
狭い道沿いや、道路に接していない場合もあるからです。

登録物件に意外と多いのが「駐車場なし」
対策は近所に駐車場を探すしかありません…?

いいえ。建物を「減築」して駐車スペースを作れるか考えましょう。
もし駐車場を借りる場合は月5,000円として…1台あたり「30年で180万円」
2台分なら360万円!

減築費用と「30年で360万円」を比べてお得な選択をしましょう。
または「駐車場ありの物件を差額300万円以内で探す」のが賢明です。



③ 築年数

現在、登録中の物件にも「明治」「大正」「昭和初期」時代の建物が含まれています。
本当に住み続ける事ができるでしょうか?もちろん可能な物件もあります。

正直、空き家バンクサイトの写真だけでは判断できないレベルです。
住宅の診断「インスペクション」が必要です。★★クリック★★インスペクションとは?★★

例え話を1つ。

「本当は建物を解体して、売地にした方が良いけれど…」
「解体費用を捻出できないなら、空き家バンクに登録してみたら?」
「ダメもとで、売れたらラッキー。」

もしも、こんな物件だったら…。危ないですね。

いくら「自己責任」でも、自分ひとりでは判断できないこともありますよね。
買主さんを守るのも私の仕事だと考えています。


住む



さて 【意外と知らないチェックポイント】 いかがでしたか?

「この物件、買っても大丈夫?」
「購入前なんだけど、リノベーション費用って、どのくらいかかるの?」


もちろん浜田市空き家バンクの物件以外でも、ご相談ください。

0120-961-011 担当:河島


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

住宅ローン減税の確定申告

毎年2月中旬から3月中旬まで 「 確定申告 」 の文字を見かけます。
TSデザインのお客様が対象になるのは「住宅ローン減税」ですね。

「10年間 借入れ金額の残高の1%が支払った税金から還付されます」

例えば2000万円借入れした場合。年末残高の1%は20万円。これが10年間戻ってくるイメージ。
そうすると 「総額200万円 減税の恩恵を受けた」 という事になりますね。

IMG_4101.jpg

ちなみに税には2種類あります。 「納付金」 と 「還付金」です。

納付金は「支払う義務のある税金を申告して収める税金
還付金は「自分が収めた税金から「返して下さい!」と申告するお金

実は、還付金の申告は、この2月中旬~3月中旬に行う必要はありません。

「納付申告」のみ、この期間に行う事が決まっているのです。
還付金は申告した時から、満たした条件の税金が戻って来ます。

では、この期間に申告するメリットは?
浜田税務署の方に聞いてみました。

① みんなと同じ時に確定申告する事で還付申告を忘れる事を防ぐ。
② 税務署に普段よりも多くの相談窓口が開設されて手続きがスムーズ。

なるほど…。

IMG_1803.jpg

今年は 年末お引渡しのM様までが減税申告できますね。
TSデザインでは「増改築証明書」の発行をこの時期に行います。

★★クリック★★ 昨年の確定申告ブログ

↑浜田市の空家バンクも 記事にしています。
  では 2018年の確定申告 お忘れなく。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

知らなきゃ200万円損をする?

いきなり残念なお知らせです!
早くも今年度の浜田市のリフォーム補助金が満了しました。↓

浜田市 住宅リフォーム助成制度 ★重要なお知らせ

4月募集からわずか3か月…早いです。認知度が上がったのでしょうか。
来年はもう少し予算がついてくれると嬉しいですね。

しかし!補助金や助成制度はこれだけではありません。
知らなきゃ200万円も損をする?今からでも間に合う補助金のお話です!

★しまねの木「県産木材」「石州瓦」を使った場合の補助金
新築はもちろん、リノベーションでも こちらを活用頂こうと思います。
↓ご存知ですか?増改築でも条件がそろえば最大¥400,000円のキャッシュバック!

IMG_0450.jpg

IMG_0449.jpg

補助金総額は新築リフォーム合計で 1億2000万円!(昨年より2000万円UP!)
まだまだ大丈夫かと思いきや!優しい木材協会の方が教えてくれました。
「現在115件の申込みがあり、あと2ヶ月くらいかな?
ちなみに昨年は211件の申込みで、9月15日で満了になりましたよ。」


今年は予算アップしましたが金利も引続き低いですからね。
御計画のある方は、お早めに申込みをオススメします。

↓詳しくは↓
木の家ですくすく子育て応援事業

★浜田市で浄化槽設置の場合(新築リフォームとも)
標準的な5人槽の場合、旧市街地は¥332,000円の補助金があります。

★空き家バンクの登録物件のリフォーム補助金(上限¥500,000円)

↓詳しくはないですが^^↓
空き家バンクの物件専用の補助金:過去のブログ

そうそう。住宅ローン控除も確定申告を忘れずにGETしましょうね。
ざっくり言えば「増改築費用の10%が戻ってくる制度」ですからね。
(耐震基準を満たせば中古物件購入費用も)

幸運にも上記の全て該当する方は総額200万円以上も得をします!

TSデザインでは、申請書類作成のお手伝い・アドバイスなどさせて頂いております。
知らなきゃ損する補助金のお話。お気軽に御相談ください。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

浜田市 空き家バンク 

浜田市の空き家バンクのHP ご存知ですか?
意外と(失礼^^)充実した内容ですよ。

浜田市 空き家バンク

江津市 空き家バンク

加えて浜田市では、空家バンク登録物件の補助金(上限50万円)ご存知ですか?

「空家バンクに登録した物件をリフォームする時にMAX50万円もらえるよ!」です。

空き家バンク登録物件改修事業補助金

順番は①まず、浜田市 空家バンクへの登録物件である事。
   ②売る人、買う人(どちらか1回のみ)が工事前に申請すればOK。

20170202_093156.jpg

さらに、UIターン者は(居住1年以内)上乗せ10万円とか。
昨今ニュースでも話題の「空き家対策」浜田市は手厚いかも知れません。

しかし、「知らなければもらえない」のが補助金のネックですね。
年度初めの4月以外にも補助金制度が急に始まったりしますから要チェックです。

IMG_1774.jpg

そういえば明日から確定申告。今年は2/16~3/15です。

新築の方はもちろんリフォームの方も住宅ローンを借り入れた方は、
「住宅ローン控除」お忘れなく。

対象の方は所得税が10年間も控除される素晴らしい制度です。
(初年度は申請しないともらえません。2年目以降は年末調整も可能。)

リフォームの方は「増改築等工事証明書」が必要かと思います。
取得の可否は工事内容によりますが、年々複雑になっております。
詳しくは税務署へお問い合わせ下さい。

TSデザインでは今のところ 工事させて頂いたお客様については、
補助金取得、増改築等証明書など書類作成費を無償で対応しています。

上手な節税と補助金の取得をサポートしたいと改めて感じる2月15日でした。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。