自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

今夏の彫刻展 と ものづくり

子供美術館

↑ この彫刻 … 

見覚えあるかな?

浜田市世界こども美術館の入り口にそれとなくさりげなく置いてあるね。

何に見えるかな?

まぁいいか。わが師と仰ぐ 吉田正純さんの作品だよ。

お父さんが美術大学に行くきっかけをもらった先生。

もしも 先生に出会わなければ こうして浜田にいなかったかも知れないし

君にも出会えてないかも知れない。

そのくらいお父さんの人生に大きな影響を与えてもらった1人。
本当に有難い「縁」を感じます。長くなるので詳しくは後日。

さて その吉田先生と有志による展覧会が来月開催される。
告知と出品依頼を受けたのでお父さんの作品も展示してもらおうかな。

ちょうどTSデザインの「ものづくりの日」が7月21日!
そちらもあわせて告知告知。

今年の夏休みのはじめの思い出になるね。きっと。

現代彫刻展


スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

星島 NEW Town ~ 3

来月には 工事開始予定の星島PLAN。
6月前半の進捗報告。 今回のポイントは 「お庭」

敷地に対して 建物とお庭のバランスをデザインする。
はっきりした外観のお家に対して庭木が随所に見えるイメージをしてみたよ。

特にシンボルツリーと呼ばれる 植栽の中心的存在を どこに置くか?
ここ重要だね。 今回はお家の正面に堂々と5本のツリー群。

その木々が 初めて此処を訪れる人から どんな風に見えるかな。


星島 外構検討

↑これは 外構計画の図面。
お家のお庭とか駐車場とか どんな計画にするか検討中。

星島 外観検討

↑これは 外観のイメージスケッチ。
前回の模型の建物のイメージと今回の外構計画を融合。

植木や素材の濃淡のバランスをリアルにイメージして描いてみたよ。
10年後 20年後 素敵なお庭でありますようにと祈りながらね。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

手描きスケッチ

お家を建てる打合せの中でスケッチ画を使う事がある。
普通の図面だけでは伝えきれないモノがたくさんあるから。

図面の中を歩くようにイメージして 何が見えるか 聴こえるか想像する。

「 どのくらいの明るさになるだろう? 」

「 どんな風を感じるだろう? 」

「 ここに あれがあったらどうかな? 」

スケッチ1

想像の翼を広げながら スケッチに描き残す。


Category : 日記
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

家づくりの言葉 ~ 3

左官 ・ しっくい ・ 塗り壁

TSデザインの特徴の1つになっているね。

はじめてTSデザインで 塗り壁を見た時に 素直にいいなと感じた。
時間を忘れて見惚れてしまうような 魅力。

「左官」という職種の職人さんが塗り壁を仕上げる。
自然なコテむらは 魔法のように描かれる熟練の技。

「しっくい」という昔からある自然素材 ( 漆喰と表記 )
素材が語りかけるのでは無く 語りかけたくなるような素材。
加えて湿度の多い日本の風土に合った調湿性能も魅力。





ところが 「左官・しっくい」 も廃れた時代がある。
建築業界全体から見ると 今もそうかも知れない。
なぜだろう?

でも 平成の時代になってから 少しづつ需要が高まりつつあるらしい。
施工効率が大きく改善された訳でも無いのに。
なぜだろう?

家族みんなが 永い永い時間を過ごす場所。
手間暇かけても良いものを使いたいよね。

日本人がうっかり忘れてしまった大切な技術と素材に気付いたのかな。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

16年前の教訓

1998年 当時のINAX(現LIXIL)からエコカラットなる商品が発売された。
お父さんが26歳の頃の昔話。
東京のメーカー系リフォーム企業に入社3年目。

ある日 同期の友人から
「エコカラットって知ってる?」
「何それ?」
「今度 INAXから抜群の調湿性能を持つタイルが発売されるんだって」
「へえ」
「タイル屋さんでなくても施工できる商品らしいんだ」
「・・・で?」
「お客さんに薦める前に今度自宅に貼ろうと思ってね。手伝ってくれない?」

リフォーム会社の社員とは言え お互い施工はズブズブの素人。
でも面白そうだったから やってみた。

道具は職人さんに借りてたのかな 忘れたけど
なかなか上手く貼れなくて 隅々やコンセント回りが大変で。

流れた汗がエコカラットに落ちると瞬間消えるのに驚いたり。  
2人で半日くらいかけて ようやく寝室の壁一面がエコカラットに変身。

竣工を祝って 乾杯!  うまっ!
これ、人生で五本指に入る美味いビールだったな。


教訓   エコカラットはタイル屋さんに貼ってもらうべし


確か今日みたいに 初夏にしては暑すぎる日の午後の話。


ECOCARAT


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。