自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

浜田市 周布駅前 WITH CURE 完成!

浜田市治和町ロ154-1 周布駅前 『 WITH CURE 』 OPENされました。
読み方は 「 ウィズ キュア 」 

IMG_2581.jpg

営業時間は10:00~19:00 TEL予約 0855-27-0646 まで。
女性限定ではありませんし、幅広い年齢の方に御利用頂きたいとの事です。

IMG_2582.jpg

フェイシャルからボディケアまで↑こちらが施術メニュー。
時間の設定も細かくてリーズナブルだと思いました。

IMG_2580.jpg


IMG_2583.jpg

海をイメージさせる清涼感。流木などの自然な素材がMIXされ、素敵です。
CUREの文字通り「癒される」空間になりましたね。

IMG_2577.jpg

微妙にコーディネートを変えた2つの個室もありますよ。
より深い癒しを得られそうな感じがしますね。

IMG_2574.jpg

IMG_2573.jpg

外観の「HB」が目印になりますね。
オーナーの HATAOKA BLDG の頭文字です。

当初どんな完成になるか未定のプロジェクトだったのが無事着陸しましたね。
オーナー、テナント社長さん、TSスタッフ・・・色々な人の想いがいっぱい詰まっています。

IMG_2644.jpg

IMG_2641.jpg

WITH CURE お客様に癒しの時間をプレゼントをする素敵なお仕事ですね。
私もお手伝いできて嬉しい気持ちになれました。ありがとうございました。(河島)

スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

2016 リノベーションの秋

20151107_081142.jpg

すっかり秋が深まって紅葉も終わりを迎えていますね。
初の試み「リノベーション工事中の構造見学会」

みなさん工事中を御覧になる事は少ないですよね。
ご来場の方には貴重な体験になったと思います。

全面的なリノベーション工事中の物件です。
向かって右側と左側の進行状況を変えてみました。

20161113_114331.jpg

右側は天井や床板も張っております。28畳のLDKになります。
左側は天井も解体したまま、床も地面が見える状態。

ここで床の構造について見て頂きました。
中央の角材が細かく並んでいる箇所がありますね。

20161113_114426.jpg

これは「根太補強」といいます。ここにピアノを置く為です。
通常の半分の間隔に根太を並べて床の剛性を高めています。

またこの床下の奥の地面には防蟻・防湿シートを施工しました。
床下の湿気は建物の寿命を短める恐れがあります。

20161113_114513.jpg

新築ならベタ基礎なので、この部分はコンクリートです。
既存床構造を利用するリノベーションならではの対策ですね。

床下の見どころとして「土台の腐食」。ちょうど見ごろ?でした。
↓写真でもわかりますか?実際にブヨブヨ具合を触れる事ができました。

20161113_114132.jpg

もちろん補修する箇所なのですが、あえて補修前状況を見て頂けました。
見どころと言えば 「 次世代型 制震ダンパー ミューダム 」
(スキーの板ではありません。あ、少し似てますが…。)

20161113_114820.jpg

仕上がってしまうと見えなくなりますので御紹介できて良かったです。
その他、断熱材や全箇所交換した窓廻り、ユニットバスの裏側などなど…。

改めて御説明の機会を頂けて「何をお伝えすべきか」私が勉強になりました。
こちらのリノベーション完成見学会は12/18(日)予定しております。

あと1ヶ月で28畳のLDKが、どんな形に仕上がるのか。楽しみですね。
江津市嘉久志町。星島NEWTOWNの近くです。また御案内させて頂きます。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古を買ってリフォームしよう

最近は こんな雑誌も売れているんですね。
先日大阪に出張した時に思わず購入しました。
「中古を買ってリフォームしよう」

20161110_093444.jpg

『だから私たち、中古×リノベにしました』
ちょうど今、この雑誌のタイトルの様なリノベーション工事中です。

江津市で築38年のミサワホームの中古住宅を購入され、10月より工事が始まっております。
最初、ご購入前の7/26 お客様(Mさま)と一緒に同席して、売主様ともお会いしました。

私にミサワホームの構造的な面について多少なりとも知識があったのは幸運でした。
(在京中、ミサワ系列のリフォーム会社に勤務しておりましたので。)

「全面的にリノベーションした場合にどのくらいの金額になるのか?」
「不確定な部分も改修費用として住宅ローンの借り入れができるのか?」
「新築同様の自然素材を使って予算内で、どんなリノベーションができるのか?」

色々な疑問点に1つ1つお答えしながら順調に打合せが進んだと思います。
そして無事に「中古購入費+改修費用」を物件購入前に住宅ローンで借入れされました。

さて、トントン拍子に話が進み、現在 解体工事を終えて大工工事の中間地点くらいです。

IMG_0557.jpg

↑内部のスッキリした解体直後の状況。 ↓逆に廃棄物は…。かなりの量ですね。

IMG_0576.jpg

実は、お施主様のご厚意で 11/13(日) 「リノベーション工事中の構造見学会」 そっと開催致します。

今回は、誠に勝手ながら特別限定での構造見学会となっております。
(ちなみに12月開催予定の完成見学会は、どなた様にもご案内予定です)

先日、該当のお客様だけに御案内を郵送させて頂きました。
このブログをご覧のあなたにも、届いているかも知れませんね。

今しか見れないリアルな 床下や天井裏、浴室解体後の状況。大胆な間取りの変更。
ここから自然素材をつかって、どんなリノベーションになるのか?実際にお確かめ下さい。

また今回は初採用の「木造住宅用 制震ダンパー:ミューダム」も見どころの1つです。
2016グッドデザイン賞も受賞した次世代型の耐震金物。ミューダムのHP
ご来場の方に、このミューダムのカタログをプレゼントさせて頂きます。(先着20名様)

全面的なリノベーションなので、どんな工事をお考えの方にも参考になると思います。
もし、ご案内状の届かなかった方で限定見学ご希望の方。急ぎ御連絡下さいませ。

担当:河島 080-1648-3820 まで。
私も初の試み 楽しみにしております。リノベーション構造見学会。ご期待下さい。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。