自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

インスペクション ?

既存住宅状況調査=インスペクション と言います。
中古住宅の購入を考えている方は覚えておきましょう。

平成30年4月から宅建業法で不動産売買時に「インスペクション」に関する説明が義務化されます。
中古を買うのに「どんな物件なのか、素人では解らない」問題を少しでも解決する目的です。

平たく言うと「中古住宅の健康診断書」みたいな物でしょうか。

もう少し詳しい説明は↓こちらをクリック
オールアバウト「インスペクション」

国土交通省の指針で「建築士の資格者」のみインスペクションできる事が決定しました。
私も来月、技術者講習を受けて参ります。安心して御相談頂きたいと思います。

今、中古住宅業界は、そんな事になっております。

さて、江津市和木町でもうすぐ大型リノベーション工事が始まります。
先日「平屋+LOFT」で手描きパースを公開したお家です。→「平屋+LOFT」提案編

210 - コピー

築30年の大変キレイに使われた平屋のお家。
中古物件の購入前にTSデザインでインスペクションしました。

当時のスタンダードな外観仕様です。
①瓦屋根
②焼杉板の外壁
③窓上の高い位置の壁は漆喰

191.jpg
↑和室には立派な床の間。
200.jpg
お風呂やトイレも、昭和の仕様です。
202.jpg
↓当時の分電盤はブレーカーが少ないですね。
199.jpg

床下や天井裏も確認させて頂きました。
IMG_0373.jpg
↑屋根裏では思ったよりも大きな梁「敷桁」シキゲタ を発見。
IMG_0370.jpg

この敷桁を活かしたPLANを計画中です。
下図の赤い帯状のラインが敷桁。長さも立派ですね。

226.jpg
↑既存図  ↓計画図
IMG_0618.jpg

完成見学会(工事途中見学会)も計画しております。
ワクワクするリノベーションの予感がします。お見逃しなく!

スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

吹抜け ビフォーアフター

「家族が増えたので吹抜けを子供部屋にしようかな?」
2011年に新築のTSデザインOB(既工事のお客様)からの御相談。

↓コンパクトな間取りながら開放感を得る為に作った新築時の「吹抜け」

P1090857.jpg

しかし!断熱のしっかりしたお家でなければ諸悪の根源にも成りかねません。
例えば、屋根裏の断熱が不足していると暑い寒いがダイレクトに吹抜けに!

そこにエアコンをかけても、FANでかきまわしても、なかなか効かないですよね。
昭和の建物で吹抜けを後悔されているのは「断熱不足」が原因です。

P1090902.jpg

その点、TSデザインは屋根裏もしっかり断熱。外壁もW断熱で安心です。
夏涼しく冬あたたかい吹抜けライフ!天井の高いリビングは、気分もあがります。

また、吹抜けのメリットは、開放感の他にもあります。
2階の家族の気配も分かるし、家のドコにいても温度差の少ない心地よさ。
実際に住んでみないと実感できないかも知れませんが「心地よさ」大切です。

さて、そんな吹抜けの今までの活躍に感謝しながらプチ・リノベーション。
工期は4日で床張りから塗り壁の補修まで完了できました。

P1090874.jpg
↑ ビフォー(梁のある吹抜け) ↓アフター(あっと言う間に床ができました)
IMG_0318.jpg

実際できあがると 「 開放感 ≦ 床面積 」 でしょうか?
やっぱり床面積が広いのは便利ですね^^

正直、新築時はコスト面からも床面積を広げられませんでした。
今回のように「将来、吹抜けを床にする」前提のPLAN。ありかも知れませんね。



IMG_0377.jpg
↑ もともとの梁の上に新築時と同じ28mm厚の床板を施工。
  そうです。この床板なんと1階の天井も兼ねているのです!
  「省施工+自然素材」 TSデザインのコストダウン提案の基本です。

IMG_0378.jpg
↑今回施工した扉・床板と、もともとの天井材や扉の向こうの床の色の差!
 わかりますか?でも大丈夫です。今後だんだん馴染んできますから。
 お子様の成長と共に…。 そんな経年変化も自然素材の面白いところですね。

TSデザインで新築を担当したお家のリノベーション。感慨深いです。
「家族と共にそだつ家」 今後とも よろしくお願いします。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

知らなきゃ200万円損をする?

いきなり残念なお知らせです!
早くも今年度の浜田市のリフォーム補助金が満了しました。↓

浜田市 住宅リフォーム助成制度 ★重要なお知らせ

4月募集からわずか3か月…早いです。認知度が上がったのでしょうか。
来年はもう少し予算がついてくれると嬉しいですね。

しかし!補助金や助成制度はこれだけではありません。
知らなきゃ200万円も損をする?今からでも間に合う補助金のお話です!

★しまねの木「県産木材」「石州瓦」を使った場合の補助金
新築はもちろん、リノベーションでも こちらを活用頂こうと思います。
↓ご存知ですか?増改築でも条件がそろえば最大¥400,000円のキャッシュバック!

IMG_0450.jpg

IMG_0449.jpg

補助金総額は新築リフォーム合計で 1億2000万円!(昨年より2000万円UP!)
まだまだ大丈夫かと思いきや!優しい木材協会の方が教えてくれました。
「現在115件の申込みがあり、あと2ヶ月くらいかな?
ちなみに昨年は211件の申込みで、9月15日で満了になりましたよ。」


今年は予算アップしましたが金利も引続き低いですからね。
御計画のある方は、お早めに申込みをオススメします。

↓詳しくは↓
木の家ですくすく子育て応援事業

★浜田市で浄化槽設置の場合(新築リフォームとも)
標準的な5人槽の場合、旧市街地は¥332,000円の補助金があります。

★空き家バンクの登録物件のリフォーム補助金(上限¥500,000円)

↓詳しくはないですが^^↓
空き家バンクの物件専用の補助金:過去のブログ

そうそう。住宅ローン控除も確定申告を忘れずにGETしましょうね。
ざっくり言えば「増改築費用の10%が戻ってくる制度」ですからね。
(耐震基準を満たせば中古物件購入費用も)

幸運にも上記の全て該当する方は総額200万円以上も得をします!

TSデザインでは、申請書類作成のお手伝い・アドバイスなどさせて頂いております。
知らなきゃ損する補助金のお話。お気軽に御相談ください。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

2017 ものづくり メイキング

7/23(日) 「TSデザイン ものづくりを楽しむ1日」 開催します。
たくさんの子供たちの笑顔 STAFFみんなで楽しみにしています。

詳しくはHPと新聞折り込みチラシを御覧下さい。

A:パインでつくる椅子(¥700)難易度★★★
IMG_0408.jpg

横から見るとアルファベットの「A」のような形。
シンプルですが丈夫なデザインの椅子。


B:木枠でアート(¥500)難易度★★
IMG_0414.jpg

こちらは自分で好きなサイズに木枠をカットする楽しみがありますよ。
内部に何を入れるか?世界に1つの作品を作ってみよう!



今年は例年よりも部材が少なめで作りやすいと思います。

この他にも、タイルクラフトやレジンのアクセサリーなど。
楽しい物づくりをたくさん準備しています。



↓ 木工メイキングの過程。どんな順番で組立てたら簡単かな?
   いろいろ考えながら試作をしてみました。

IMG_0403.jpg

IMG_0400.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0402.jpg

夏休みの思い出に。
どなたでも参加OKです。

ちなみに毎年 午後の方が予約が少ないので、ゆっくり作業ができますよ。
まだまだ木工の予約 間に合いますよ! TSデザイン 0855-23-2345

Category : 日記
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古物件情報 2017年7月

今月のオススメ物件は 「 浜田三中校区 」
浜田市内では浜田一中に次いで、2番目に大きな中学校です。

浜田市立第三中学校 公式HP

私見ですが市街地よりも値ごろ感のある不動産を探しやすい地域かも知れません。
理由は3つ。
①旧市街地よりも空き地が多い。
②旧市街地よりも地価が10~20%安い地域もある。
③トライアル周辺は商業店舗やコンビニ、病院も多く便利。

さあ、中古戸建物件の御紹介に参りましょう。
1つ目は「日脚町の平屋住宅」です。
価格は1,000万円です。
ちなみに不動産には消費税はかかりません。(手数料はかかります)
水廻りを500万円かけてリフォームしても、総額1500万円。
建物の状態が悪くないので早いモノ勝ちですよ。

IMG_0365.jpg

特長は3つ。
土地が131坪とゆったりしている。
②建物が昭和58年築で「新耐震基準」の時期に建築されている。
③最初から暮らしやすい平屋の間取り。

詳しくは → しだお不動産HP




もう一つは「熱田町の海の見える中古住宅」
ちょうど日脚の物件の帰り道に案内してもらいました。

IMG_0364.jpg

どうですか?この眺望。2階窓からの景色です。
マリン大橋が見えます。花火も綺麗に見えるでしょうね。
あまりに驚いて外観を撮り忘れました。スミマセン。

IMG_0358.jpg
1階のリビングからも海が見えます。
内部は「海の見える広々LDK+水廻りのリノベーション」を推奨します。
700~1000万円かければ新築同様の住み心地になりますよ。
IMG_0359.jpg

まだ非公開情報なのですが物件価格は850~900万円で近日売出予定との事。
ややクセのある物件ですので下記の方にオススメします。

①とにかく海の見える家に住みたい。
②クルマの運転に自信がある。
③住宅密集地ではなく近所に気兼ねせずに暮らしたい。

こちらの物件に興味のある方。
または、別の地域でオススメ物件を探して欲しい方。

ちなみに先月のオススメ物件 → 6月 中古物件情報

資金計画からリノベーション計画、不動産取得のサポートまで。
ワンストップでお客様の住み替えをお手伝いします。

TSデザイン 0120-961-011 担当:河島まで。

Category : 中古物件情報
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。