自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

もうすぐ職場体験

とても暑かった今年の8月も終わりますね。
来月、9月と言えば毎年 「中学3年生の職場体験」 があります。

↓ 以前の職場体験の様子。「理想の家」の設計に挑戦しました。
20160916_145234.jpg

「工務店」とは どんな仕事をしているのか?

改めて説明しようとすると意外と難しいものなんですよ。
どこから説明すれば良いか、どこまで知っているのか分からないですからね。

今年、私は 「いまどき リノベーション」 の説明をしようと思います。

IMG_0789.jpg

特に伝えたい事は 「 昔の家 と 最近の家 のちがい 」 について。

・ おじいちゃんの家は なぜ寒いのか?
・ 昔のトイレって どんな形?
・ 最近の家って、一番なにが ちがうの?


先行して こちらでまとめてみようかと考えています。
いまどき中学生に キチンと伝わると良いですね。

スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

キッズデザイン?

キッズデザインって聞いた事ありませんか?
こんなマークの付いた商品とか。

IMG_0749.jpg
今週8/21に2017キッズデザイン授賞式があったそうです。
「キッズデザインに日本で一番 取り組んでいる企業は?」

7年連続最多受賞のPanasonic パナソニック みたいですね。
どんな物かと調べてみると、単品の商品開発だけでは無くて…。

「子育て世代の家づくりと関連付けて商品開発」
ん?参考になるかも…!

①子育て中の両親の声から導いたコンセプトと、8つのくらし提案
 → Kodomotto(こどもっと)

②子どもと暮らす住まいのカタチ
 → ウチコト

「そうそう。これ説明したかったんだよね。」とか
「これ見て来てもらうと 話が早いだろうな…」とか、さすが受賞作!
ココで見たアイデアをTSデザインでも実現できますよ^^

新築・リノベーションを問わず参考になるアイデアがたくさんありますね。
この「わかりやすく伝える」デザイン的思考が「キッズデザイン」なんでしょうね。

IMG_0750.jpg


「うちの本当のお客様は、子供たちかも知れないね」という社長の言葉を思い出しました。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

おすすめの本 2017年8月

今月からおすすめの本を御紹介してみたいと思います。
はい。今月は 図解 実家の「空き家問題」を ズバリ 解決する本 です。

IMG_0737.jpg

先日社長から「読んでみたら良いよ」とオススメされました。

簡単に内容を御紹介すると…
「実家の空き家問題」を4つのステップで解決策をまとめてあります。

STEP①選択肢を知る。
      何もしないと実家はお荷物物件に。
      空き家未満で対策を!

STEP②いちばん怖いのは権利の凍結。
      名義を変更し、認知症&相続問題を解決

STEP③売却が最善の活用法。
      都心で駅前なら賃貸経営も

STEP④ものの価値は自分で決めない。
      親の意見を尊重しながら整理する

現在、半分くらい読み進めたトコロですが私自身も含めて興味深い内容でした。
空家売却時の耐震化による「税金控除」の話が特に役立ちそうで、改めてお伝えしたいと思います。

「ただ…正直きっかけが難しいですよね。まだ両親も元気だし…」

ですよね。でも、兄弟と情報共有する為の基礎知識として、知ってて損はない。
というか、タイトルにあるとおり知らないと大損するかも…と感じました。

もう少し情報をまとめて お客様へ発信できたらと思っています。
「空家対策の勉強会」とか。←ちょっと堅いですね。勉強します。

TSデザインは新築・リノベーション検討中のお客様に「本の貸出し」やってます。
定期購読の「住まいの設計」「PLAS1リビング」「チルチンびと」など貸出し可能です。

IMG_0738.jpg

常時30冊以上ありますからお気軽に見てみて下さいませ。
もちろん 本を見たいだけでも WELCOME ですよ。

 浜田市杉戸町2328-7 TSデザインまで。TEL 0120-961-011

さて 来月はどんな本をオススメしましょうかね。



Category : おすすめの本
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

浜田市宇野町 リノベーション①

浜田市宇野町にてリノベーションのお話をいただきました。
築30年の中古住宅を浜田市の空家バンクで購入された。との事。

IMG_0469.jpg

IMG_0470.jpg

IMG_0481.jpg

IMG_0483.jpg

偶然ですが、30年前に 「志田尾工務店」で建築された建物 。
事務所に当時の図面がキチンと保管されていたので、改修計画もスムーズでしたね。

「 ほぼ全面改修リノベーション × 志田尾工務店の建物 」 開始しました。

IMG_0562.jpg
↑ このあたりがLDKの入口になります。
IMG_0549.jpg
↑ 床の間だったスペースは対面式のキッチンになります。
IMG_0555.jpg
↑ 立派な構造材がでてきました。しかし、当時は屋根裏に断熱材が施工されていませんね。
  今回、屋根裏をしっかり断熱して LDKに約4mの高い天井空間を作ります。

こちら 築30年の中古物件と言っても、まだまだ築浅の部類に入るかも知れません。
また、当時の志田尾工務店の建物。良いです。はっきり言って「買い」です。

解体して改めて「 丁寧な作業により、傾きが ほとんどない事 」 がわかりました。
もし空き家バンクで「志田尾工務店の建物」に出逢えたら幸運だと思います。

ちなみに建物の不動産的評価は30年経過すると「¥0(ゼロ)」と言われますね。
でも本当の家の価値は30年くらいで無くなりません。
このお家を見ていると そう思います。

当時の志田尾工務店の職人さんの心意気に負けないように、リノベーション進めます。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古物件情報 2017年8月

今月のオススメ物件は 「 浜田市杉戸町 」

浜田市街地の中心に近く大変便利…ですが、少しお高めの地域かも知れません。
古い町並みの名残りでしょうか。道路幅が狭い箇所も多いですね。

小学校は三階小。中学校は浜田一中校区になります。
空き地が少ないので、正直 新築土地情報は期待薄です。

ですが、中古物件の宝庫かも知れません。
今回ご紹介するのは、その中でも「 再建築不可物件 」

よく分からないと違法な雰囲気がします?大丈夫ですよ^^
平たく言えば「 現状建物は認めるけど新築に建替えてはダメです物件 」

ALL ABOUT 「再建築不可物件の都市伝説」

もともと中古購入+リノベーション狙いならば、問題ない物件だと思います。
逆に、売主さんが強気になれない物件なので割安に購入できるメリットだと考えます。

前説が長いですね。スミマセン。
杉戸町2341-3。土地面積60坪。2階建の約35坪の建物。築年数は54年経過しています。

IMG_3512.jpg

IMG_3519.jpg

IMG_3518.jpg

IMG_3516.jpg

前面道路の幅が狭く「再建築不可」となっております。
しかも駐車場が無し。(近所の駐車場を月5,000円程度で借りる事は可能)

正直、誰にでもオススメできる物件ではありません。
さて気になるお値段は…7月に値下げして「 500万円 」

いかがでしょうか?…ちょっと良いかも?ですが、もう1つ気になるお値段。

そうですね。リノベーションにどれだけかけるか。
どんなPLANが可能なのか?

私は600万円・1000万円・1400万円の3つのPLANを御提案します。

その中の1000万円のリノベーションについて。
不動産取得と合計して、例えば1600万円の資金計画。

35年住宅ローン借入れした場合→ 月々45,000円~48,000円!
家賃よりお安くないですか?
例えば浜田駅周辺にお勤めで、クルマ1台に挑戦できる御家族に激しくオススメします。

IMG_0634.jpg
↑既存図面  ↓御提案図面(1000万円リノベーション)
IMG_0635.jpg

① 減築して駐車スペースの確保

② 全面的な自然素材リノベーション

大枠の方針はこの2点に絞って、屋根・外部改修は将来に。
実はここの屋根は一度 瓦を葺き替えされている様です。

また、この物件に限らず「屋根瓦を葺き替えている中古物件は150万円お得です」
特に山陰地方は耐久性の高い屋根瓦のお家が多く、これは重要なチェックポイントです。

↓ちなみにこれは和室2室をリノベーションした参考写真です。
DSCN2767.jpg
天井と扉にパイン材の自然素材を使う事で新築に近いイメージに生まれ変わりました。
昭和時代の建物もご安心下さい。平成のお家にリノベーションできますよ。

TSデザイン・志田尾工務店も住所は浜田市杉戸町2328-7。
もっと詳しいお話を聞いてみたい方。0120-961-011 河島まで。

また、こちらの物件のお申し込みは しだお不動産 0855-23-3200です。気になる方は、お早目に。


Category : 中古物件情報
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。