自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

浜田市宇野町 リノベーション②

浜田市宇野町のリノベーション。築30年の平屋(志田尾工務店の施工)です。
前回のブログ ★★★
木工事(大工さんの工事)あと1週間くらいでしょうか。

実は、あるトラブルがあって木工事が少し延びてしまいました。

「床材の寸法が不揃い」です。
わかりますか?この床材は寸法が2mm違いますね。

IMG_0790.jpg

「床材の半分以上が、1mm~3mm微妙に違うよ!」大工さんから連絡。
「さてどうしよう!?そのまま張ろうか!」…いやいや。ダメですね。
現場監督、メーカーさん、社長にも相談。みんなで少し悩みました。

結局、大工さんが一生懸命 床材を削って幅を揃えて 溝も彫りなおしてくれました。
時間はかかりましたが丁寧な仕事で、とてもキレイに仕上がったと思います。

IMG_0791.jpg

オーク無垢の堅木なので品質管理が難しいと資材メーカーの担当さんも嘆いていました。
今回は特別に超過した作業費の半分を資材メーカーさんが負担して下さいました。
早めに相談してよかったです。幸運なケースでしたが今後は要注意。

無垢材ならではのトラブルですが、他にも現場では色々な事が起こります。
思い通りに進まない事もあります。そんな時どうするか?大切ですね。

そんな時 「自分の子供に恥じない仕事かどうか?」 考える様になりました。

今回は偶然にも、先代の志田尾工務店が建てた家。
狂いの少ないキチンとした「次世代に恥じない仕事」だと思いました。

このまま順調に行けば10月22日(日)完成見学会を予定しています。
この記事を読んだ方は、床材を特に注目…ですね。

↓ もともとキッチンだった場所が…。
IMG_0495.jpg
↓ 窓、キッチン本体を撤去。こんな風になるんですね。
IMG_0873.jpg
↓ 断熱材を施工(今回は壁面にはロックウールを選択しました)
IMG_0982.jpg

さて、何に変わるでしょうか?次回のお楽しみ。

スポンサーサイト
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中学生にもわかる住宅事情②

浜田市内の中学生の職場体験も今日で最終日。
今年は3校同時受け入れ…楽しい3日間でしたね。

昨日、私も前回のブログの内容をお話しました。

中学生にもわかる住宅事情① → ★★★

今回はその続きから「工務店のお仕事」について。

IMG_0804.jpg
「島根県の新築(木造住宅)着工戸数グラフ」1953年~2015年

①1970年~1980年がピーク。(年間4000棟~5000棟)
②2000年以降は右肩さがり。年間1500~2000棟くらいで推移している。

…などなど色々な事が分かりますね。
TSデザインは、およそ年間15件の新築住宅を建てています。

IMG_1774.jpg

つまり「島根県の新築住宅の1%はTSデザイン」という事です。

ここで 中学生に 聞いてみました。
「 どうして 新築を建てるのでしょう? 」

島根県内には 空き家が44,000件 あるという事実を伝えた後で。
少し難しすぎる質問だった様で困らせてしまいました。

空き家に住めば良いかも知れないし、そうすれば新築は無用。
 「 なぜ 空き家に住めないのか? 」
その理由がわからないと、答えられないかも知れませんね。

いくつか答えはあると思いますが私は1つ答えました。
「 新築は、新しい建築基準で建てられている為、安心感があるから 」

新築の価値は大きいですから。私も新築できる方は新築すべきと今でも思います。
ただ空き家については、様々な不安を取り除く「リノベーション」という選択肢もあります。

IMG_0773.jpg

IMG_0774.jpg

いまの中学生が大人になる未来。

中古住宅への偏見や不安が減って、資産価値の考え方が変わる可能性もあるでしょう。
そんな未来の為に 1棟1棟 真剣にリノベーションに取り組むことを約束しました。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

9/18(祝)工事中現場見学会

「中古住宅・リノベーションの工事中見学会」
ご来場頂いた方ありがとうございました。

IMG_0882.jpg

建物は1984年に建築された平屋建て(築33年)

210 - コピー

完成見学会を11月23日ごろ予定しています。
完成とのギャップ。本当に驚きますよ。

IMG_0895.jpg

↑ちょうどチラシのパースと同じ角度の写真(9/13撮影)。
解体直後の生々しい建築現場の様子を御覧頂きました。

こちらが 「 ビフォー → アフター 」 完成予想図です。

IMG_0900.jpg

以前のブログ記事↓

「平屋+LOFT」提案編   → 
「インスペクションについて → ★★

「キッチンの場所ってこんなに移動できるんですね。」
「もともとの柱をたくさん残しているのに、全然違う間取りに…。」

昭和の建物の良い点も、気になる点も、現地で御説明できました。
次回は完成見学会にて。ご来場頂いた方、またお待ちしております。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中学生にもわかる住宅事情①

来週の職場体験を見据えて「中学生にもわかる住宅事情」のお話です。
第1弾は「島根県のこと。空き家のこと。」

せっかくの職場体験ですから、学校で習わないかも知れない「リアルな数字」を伝えます。
そして「中学生ひとりひとりが その数字をどう感じるか」だから正解はありません。
でも「いつもと違う何か」に興味をもってもらえたら…。
島根県で住宅業界にいる大人の1人として事実を伝えたいと思います。

①島根県のこと。

まず、島根県の人口をたずねます。 
「はい。69万人ですね。」
ちなみに横浜の人口の20%です。横浜は大きい街(370万人)ですね。
漠然とした都会と田舎ではなく、数字で把握・比較できるのが中学生だと思います。

IMG_0803.jpg

では島根県 東部と西部の人口比率は 「〇:〇」でしょうか?
「はい。東部70%:西部30%ですね。」
先程の横浜市との比較もそうですが、別に勝ち負けではありません。

そして、私もみんなも住んでいる浜田市の人口は57,145人
少し身近な 手にとれる数字になってきたと思いませんか^^
僕たち1人1人が集まっている数字である事が伝わると良いですね。

そして、ニュースに出てくるデータを鵜呑みにしない大人になって欲しいですよね。
%(パーセンテージ)に惑わされず、手にとれる数字の感覚を持つ事。
中学生にどこまで伝わるでしょうか?不安でもあり、楽しみでもあります。

では横浜市と浜田市の「土地代」を比べてみましょう。
1m×1mの広さで比較します。畳の半分くらいですね。
これを「1平方メートルあたりの金額」と言います。

横浜市:313,420円/㎡

浜田市: 28,451円/㎡


ちょうど11倍!(すみません。おとなもビックリ)
別に…勝ち負けではありません。


②島根県の住宅事情について。

2つ質問をします。
「島根県にいくつお家が建っているでしょうか?」
「そのうち空き家になっているお家は何件あるでしょうか?」


カンの良い子は、先程の人口からおよその数字を回答できるでしょうか?
人口をヒントに住宅数と空き家率まで説明していきます。

まず「世帯」って聞いた事がありますか?
「ひとつの家族として、独立して生活を営んでいる人々の集まり」ですね。

島根県の総世帯数は約26万世帯です。

ちなみに「1世帯あたりの人員」と言えば?
何人家族ですか?という意味です。

島根県民69万人 ÷ 26万世帯 = 何人家族 という式になりますね。
「2.65人」という数字がでてきました。

今から30年前、私が中学3年生の時は7人家族で暮らしていました。
おばあちゃん。ヒイおばあちゃん。両親+3人兄弟。…にぎやかでしたね^^

話を戻します。「島根県にいくつお家が建っているでしょうか?」
総世帯数=お家が建っている数が理想である事を説明します。

1家族に1つ家がある。当たり前のことの様に聞こえます。
でも、事実はちがう!!

現在、島根県には約30万件の家が建っています。
ここで2つ目の質問 「そのうち空き家になっているお家は何件あるでしょうか?」

IMG_0806.jpg

人が住んでいない家が空き家です。
家の数から世帯数を引き算することは中学生なら容易に答えられるでしょう。

「はい。30万件-26万世帯=4万件ですね」
平成20年のデータで島根県の空家の数は44,200件です。

浜田市の世帯数は24,000世帯
江津市の世帯数は10,000世帯

浜田市と江津市の全世帯+10,000件が空き家なんですね。

IMG_0804.jpg
↑このグラフは、50年間の島根県の「新築住宅着工戸数」です。

このグラフの読み方は次回 工務店のお仕事 にて。

わかりやすく伝えるって難しい…。人に教えるって本当に難しい事なんですね。
先生って職業はスゴイなぁと思いました。今まで出会った先生方にも改めて感謝です…。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古物件情報 2017年9月

20161110_093444.jpg

今月のオススメ物件は、3件の 「店舗付き住宅」 をご紹介します。
なんとなく店舗付きって、手を出しにくいイメージありますか?
しかし、実は 一般の方にも 工夫次第で オススメ物件に化ける可能性を感じているのです。


浜田市の空家バンク 物件番号59のリンク 
↑1件目は 空家バンクにも登録中 浜田市片庭町の店舗兼用住宅800万円

メリットは 建物面積が1階2階合計で60坪!
一般的な新築一戸建ては、30~35坪ですから約2倍の広さ!
土地面積は51坪ですが 利便性の良い片庭町というのは、魅力的です。

空家バンクのタイトルにもあるように「二世帯住宅」にリノベーションできるかも知れません。
ただし!
こちらの物件のデメリットも確認しておきましょう。

①築年数
建築年が昭和4年。現状雨漏りなど無いとの事ですが…。
遅かれ早かれ、外部メンテナンスが必要になる事が予想されます。

②駐車場なし
空家バンクの物件に多いですが、駐車場が無い物件は要注意ですね。
たいてい近隣に空き駐車場があり、月1台5000円程度で借りる事はできます。
でも、2台借りたら「月々1万円の出費」は少しイタイかも知れませんね。

※この物件を 「もし私が買うとしたらどうするか?」 考えてみました。

①外部メンテナンスに300万円。
②内部リノベーションに1200万円かけて屋内駐車スペースも一緒に作ります。
  ハウス IN ガレージ。便利です。駐車場代を払うより妙案ですね。

まとめると 物件取得800万円。リノベーション1500万円。 合計2300万円。
ふつうの2倍の面積があるので、将来、親を1階に。自分たちは2階に住む計画も可能。

もし新築で同条件の場所、建築面積を得るには4000万円くらいかかるかも知れません。
中古購入×リノベーションって、そう考えると とてもお得だと思いませんか?

もし 「片庭町に60坪の広さで住みたい!車を大切にしたい!」という方、御一報ください。

店舗付き住宅だから、店舗に使わなくてはいけないって事は無いんですよ。


次に浜田市内村町の「店舗併用住宅」 土地+建物で 550万円です。
もともと岩〇酒店さん。御近所の方はすぐわかりますね。

IMG_0283.jpg

IMG_0284.jpg

IMG_0282.jpg

↑ 昔ながらの住居+商店というスタイル。
1200万円のリノベーション費用で大きくイメージを変える事をお奨めします。
合計1900万円以内で充分おさまるなら、お買い得だと思います。


この他にも、もう1件。浜田市長浜町で比較的築浅の「店舗付き住宅」

築19年の なか○ら電機店さんの旧店舗兼住居が1500万円
土地62坪に駐車場4台つき。建物面積は1階店舗が30坪。2階住居部が40坪。

こちらは1階を完全に別の方にレンタル(塾や店舗として賃貸)する事も出来るそうです。
もし、うまくすれば レンタル費用で住宅ローンを支払う「0円住宅」 になる!?

御商売をされていない方も、検討に値する!…かも知れない店舗付き中古物件。

足場シート

今回の物件もそうですが、浜田市ではインターネットにのせない不動産情報も多いですよね。
もし、気になる物件があった方、御連絡ください。不動産は早いもの勝ち。 

TSデザイン 中古物件リノベーション 担当:河島まで 0120-961-011
営業時間は 平日9:00~18:00。土日10:00~16:00です。お気軽にお問合せください。

中古物件さがし~融資相談~工事完成~アフターサービスまで全ておまかせ下さい。
このように相談先が一社完結の流れを「ワンストップソリューション」って呼ぶそうです。

窓口が1つ!簡単で良いですよね。
イチイチ同じ説明を不動産、銀行など何箇所にしなくても済む^^

TSデザインは新築も もちろん「ワンストップソリューション」で対応しています。

週末は 打合せ等で不在の場合もございます。
もし、ご来店の際は事前にTEL。よろしくお願いします。


Category : 中古物件情報
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。