自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

2018年は…

2017年も本日最終の営業日になります。
年明けは1月5日より。よろしくお願いします。

お世話になったみなさま。
この場を借りまして御礼申し上げます。

IMG_1834.jpg

さて 2018年 どんな年になるでしょうか?

住宅業界の流行語予測ワードとして「 宅配BOX 」「 民泊 」がランクイン。
2020年のオリンピックへ向けて建材の不足や人件費の高騰が懸念されたりしています。

TSデザインでは 「 あらためて情報発信 」 がキーワードになりそうです。

例えば、まだTSデザインをご存知ないお客様へ。

どうやって TSデザイン を知って頂くか?
何を お伝えしなければ いけないか?


実は、新しいロゴマークやホームページの改訂に取り組みつつあります。
桜の咲く頃までには「新しいTSデザイン」お伝えできるみたいですよ。

足場シート

リノベーション部門としても認知度UPは急務と考えています。
それから、私が個人的にできたら良いなと考えている事…。

例えば「 おとなの秘密基地 」 とか 「 ガレージハウス 」
「 土間のある暮らし 」 「 究極の家事ラクな家 」 「 家具と暮らす 」 

20170406_082537.jpg

わくわくするような、テーマ性の強いリノベーション…面白そうです。
さらに、プロの仕事+DIYを活用したリノベーションも御提案できたら楽しいかも。

プロの仕事と言えば、ちょうどTSデザインに入社して10年。
描き貯めたスケッチパースをお披露目する機会があれば嬉しいですね。

スケッチ1

色々な可能性の片鱗を妄想しながら2018年を迎えたいと思います。
今年も1年、御拝読ありがとうございました。

スポンサーサイト
Category : 日記
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中学生にもわかる 「 断熱改修 」②

前回の続き 中学生にもわかる 「 断熱改修 」② です。
前回と今回のブログが 私の一番お伝えしたい事 です。
_DSC4670.jpg
長文になりますが、お付き合い頂けると幸いです。

★ 断熱改修するメリットの2つ目は 「 省エネ 」 

「 なぜ 断熱改修すると省エネになるの? 」

断熱材の効果は2つあります。
A:室外の暑さ・寒さを、室内に伝えにくくする効果。(例:ダウンジャケット)
B:室内の温度を外部に漏らさない効果です。(例:魔法ビン)

例えば、こんな冬の寒い日にはエアコンをつけますね。

まずエアコンをつける前の室温は何度でしょうか?
これがAの効果。室外の温度と同じまで寒くなる家はイヤですね。

はい、エアコンをつけました。
断熱効果の低いお家では、いつまでもエアコンがフル回転。
なかなか設定温度まで温かくならないかも知れません。

では、断熱がしっかりしたお家ではどうでしょうか。
比較的はやく設定温度までポカポカ温かくなるでしょう。
そしてエアコンをOFFにしても長時間、室温はキープされます。
これがBの効果。エアコン本体の負荷も軽減できますね。

「 運転時間も短く電気代が節約できて、エアコンも長持ち。 」

だから 省エネ なんです。

IMG_1810.jpg

IMG_1811.jpg

おわかりですね。断熱効果の高い家のメリット。
この省エネ効果に加えて前回の快適性。 ★★クリック:断熱の快適性

健康で快適に暮らせるという事は、医療費の削減にもつながります。
さらにTSデザインは調湿機能もある「自然素材」を得意としています。

「 あたたかくて気持ちのいいお家 」 が私たちの理想です。

「 では具体的に断熱効果の高い家に住むには何をすれば良いか? 」
「 TSデザインで新築しましょう 」 これ正解です。

もう1つ 「 TSデザインで断熱リノベーションしましょう 」 を御提案します。

基本的には、TSデザインの新築と同じ断熱材を使ったリノベーションです。
お住まいの状況や御予算にあわせて、私が最も費用対効果の高い方法を考えます。

一番良いのは 「 中古物件を購入時のリノベーションと一緒に断熱改修する事 」

20161110_093444.jpg

理由は 「窓」 「天井(屋根)」 「外壁・内壁」 「床」 全て見直したいからです。
先日、リノベーション完成見学頂いたお客様もみなさん断熱改修をさせて頂きました。

内部の完成写真だけなら TSデザインの新築みたいでしたね。
幸運にもリノベーション完成見学を見に来ていただいた皆様。
中古住宅でも断熱リノベーションすれば温かくなる事を体感頂けたと思います。

これを住みながらの工事で対応するのは、正直難しいと考えます。
できれば仮住まいのある状態での工事が理想です。そのタイミングが住替え時なのです。

中古住宅の購入を検討されている方、是非 物件購入前に御相談下さい。
既存住宅状況調査(インスペクション)をして、リノベーション価格もあわせて御提案します。

ちなみに、残念なケースもお伝えしましょう。調査結果が思わしくない場合。
例えば、リノベーションで1500万円以上かかるなら、私は新築への建替えをお奨めします。

その為にも物件購入前の御相談が良いと思います。
2018年 賃貸からの賃貸への住み替えを考えている方。
一度、中古物件のリノベーションを考えてみませんか?

20161221_142058_LLS.jpg
来年1月28日(日)①10時~②13時~③15時
3名さま予約優先の無料相談会も受付け中です。
0120-961-011 (担当:河島)

来年こそ 「温かいお家でクリスマス」 いかがですか?

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中学生にもわかる 「 断熱改修 」①

今年の寒さも本格化してきました。
そんな寒い冬を過ごすのに欠かせない「断熱」についての話。

中学生にもわかる断熱改修のメリットを2つお話します。

「快適性」 と ②「省エネ」 です。

2回にわけて少し詳しくお伝えしたいと思います。

★快適性とは 「寒さ対策」 「結露の解消」 「カビの発生の抑制」 です。
まさに今、この3つに悩んでいる方。学校では教えてくれない話ですよ。

はい、どんな家でも等しく断熱してあると思いますか?
答えは 「 NO 」 
昔と今の断熱は違う。なんとなくわかりますよね。

築30年以上の住宅(昭和の建物)とキチンと断熱してある住宅。
↓こんなデータがありました。
IMG_1807.jpg
断熱性能が低い住宅ではリビングとトイレの温度差が6.2度!
(断熱してある住宅の温度差は2.0度)

例えば、帰省の際、実家のトイレやお風呂に行く時に『寒いなー』と思う、あの感覚ですね。
「ヒートショック」という言葉。聞いたことがありますか?
・温度の急変で体がダメージを受ける事。心筋梗塞などで最悪、死に至る事もあります。

IMG_1809.jpg

つまり、温かい部屋→寒い脱衣室→熱め入浴→寒い脱衣室→何度も血圧変動する事でヒートショックに。
実は、私の祖母も12年前の2月に「ヒートショック」が原因と思われる心臓発作で亡くなりました。

寒い冬でした。当時はピンと来ませんでしが、今はハッキリと断言できます。
「もし、断熱改修した家に住んでいたら、もっと長生き出来ただろうに…」

20年前、交通事故と同じと言われたヒートショックによる死亡者数
今では、交通事故の5倍というデータを先日聞きました。
自動車の安全性能が上がっているのに、断熱改修は進んでいないから…という話。

私が断熱改修をお奨めする原点はココにあります。
「健康で快適に暮らす」そんな当たり前を提供し続けたいですね。

IMG_7564.jpg

また、老人だけでなく小さなお子様にもこんなデータがあります。
「断熱性能の高い住宅ではアレルギーの症状が改善していく!」

断熱性能が低いと冬場「結露」が発生し「カビが発生する恐れ」に繋がります。
このカビやハウスダストがアレルギーの発生原因と言われています。

普段、意識してないですよね。
断熱性能の低い賃貸住宅に住んでいると、知らないうちにお子様を危険にさらしているかも?

IMG_1808.jpg
↑断熱性能が高い住宅で 気管支炎喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎が改善するというデータ。

もっとお話を聞いてみたい方 0120-961-011 まで。
新築・リノベーションともに 断熱性能に こだわった家づくりをしています。

次回は断熱改修のメリット その②省エネについて お伝えします。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

江津市和木町 R完成しました。

完成見学会たくさんの方に御来場いただきました。
ありがとうございました。想像以上の反響でした。

IMG_1768.jpg

「あたたかくて素敵なお家でうらやましいです。」
「廊下の無い間取り良いですね。」
「子供部屋のつくりなど参考にさせてもらいます。」

勇気を出してLOFTにのぼって頂いた方。
こんな景色が楽しめましたね↓

IMG_1786.jpg

IMG_1784.jpg

水廻り設備のオリジナル造作+今回はIKEA既製品も。
いろいろ見どころ満載の見学会になりました。

IMG_1781.jpg

IMG_1777.jpg

IMG_1773.jpg

見えない部分も大幅に性能アップしています。
構造チェックを行って構造用合板を使った耐震施工をしました。

IMG_1788.jpg

増やした柱や梁材は「しまね県産木材」を使って補助金もいただきました。

IMG_1319.jpg

また断熱材や樹脂サッシはTSデザインの新築と同じものを使っています。
当日は寒かったですが、家の中はエアコン1台でも温かかったですよね。

IMG_1314.jpg

IMG_1159.jpg

ここまでやるのが 「TSデザインのリノベーション」 だと考えています。
見た目だけを手入れする「現状回復のリフォーム」とは違いますね。

せっかく中古物件を手に入れたなら、今できること全部やった方が私は良いと思います。
一番はじめ築33年の中古物件の状態から今日の姿は想像できなかったですよね。私もです^^
ずっと抱かれていたであろう不安が、素晴らしい形で完成して一気に報われた想いです。

6月からスタートしたお客様と二人三脚(三人四脚)で考え抜いたリノベーション。
打合せ初期の提案が懐かしいですね↓
→クリック★★平屋+LOFTのリノベーション★★

きっと人生最大のクリスマスプレゼントかも知れませんね。
お子様も 「 新しいお家 」 とても気に入ってくれているそうですよ。

IMG_1791.jpg

IMG_1769.jpg

たくさん走りまわって、大きな声で笑って、のびのび子育てができますね。

見学会のアンケートで 「こちらのお客様へ一言」 頂きましたみなさま。
今回のリノベーションの背中を押して頂いたOBのOさま。お姉さまご家族。ご両親。

この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

江津市和木町 リノベーション③

江津市和木町にてリノベーションもうすぐ完成です。

IMG_1721.jpg

IMG_E1074.jpg

あの場所が、こんな風に生まれ変わろうとしています。

IMG_1720.jpg

あの梁が、こんな角度から見えるLOFTを作りました。
勇気のある方は登って頂いてもOKですよ。

IMG_1717.jpg

私はLOFTの下が見えるこのアングルがお気に入りです。↓

IMG_1702.jpg

210 - コピー
この写真は工事前ですが、現在もほぼ原形のままです。
手前側に、TSデザインの新築のお家が建っています。

毎度リノベーション見学会の際は驚いて頂いていると思いますが、今回は?
当日の御来場の皆様のリアクションを楽しみにしております。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。