自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 

中古物件情報 2018年3月

今月3月の中古物件情報は「浜田市長浜町」 築45年の一戸建て。

IMG_2166.jpg

もうすぐ浜田市の空家バンクに登録予定の物件を一足はやく見せてもらいました。

IMG_2164.jpg

売買予定価格は570万円
敷地は100坪。手前に見えている畑を、駐車場3台分としてプラスしてもらえる条件付き。
建物は昭和48年の建築で35坪以上の建物面積です。

当然ですが、このまま住もうと言う気持ちには成り難いです。
既存の建物は骨組みだけ頂くイメージで良いと思う今日この頃。

リノベーションなら建築費用は、新築の半分と見積もる事ができます。
水廻りを中心に1,000万円クラスの改修工事を御提案します。

総額2,000万円でおつりが来る計算ができますね。
間取りも見せてもらいました。

IMG_2178.jpg

1階が広くて使いやすい間取りにリノベーションできそうです。
この物件に興味のある方は TSデザイン 担当:河島まで御一報下さい。

0120-961-011 または 0855-23-2345 


Category : 中古物件情報
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

シェアハウス 銀杏荘 ③

浜田市黒川町 シェアハウス銀杏荘。第3弾。

銀杏荘の名前の由来 「イチョウの樹」 直径70センチ以上の太い幹。
↓樹の魅力が伝わりますか?個人的にパワースポットです。

IMG_2149.jpg


↓シェアハウスの若者を応援するクラウドファンディング。期限は3月30日まで↓
★★チャレンジする若者を応援するシェアハウスを島根に作りたい!★★

↓シェアハウスの入居者募集サイトはこちら↓
★★銀杏荘:夢に向かって挑戦する若者を応援するシェアハウス★★

↓Yahoo!ニュースでも記事になりました!↓
★★女性クリエイターを支援するシェアハウスプロジェクト★★


IMG_2124.jpg
今週、2階の既存壁面を黒い色に塗装しました。
いかがでしょうか?これで白壁とコントラストが活きる空間になりそうです。
IMG_2155.jpg


1階の床柱の残る部屋。「とこばしら」は以前の和室の化粧柱。
リノベーションしたんだな…と思って頂ける面白い空間になりそうです。
IMG_2153.jpg


IMG_2152.jpg
外壁の焼杉も張り終えて順調に進めば、あと20日で工事完了。
どんな人が入居されるのかな…。と想像しながら仕上げ工事がんばりましょう。

シェアハウス銀杏荘② 前回のブログ★★クリック★★

ひょっとしたら島根を知らない若者かも。
この春、イチョウの樹が銀杏荘と一緒に待っています。


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

浜田市空き家バンク

浜田市空き家バンクのHP見たことありますか?
★★浜田市空き家バンク★★クリック★★

現在25件の中古物件が登録されていますね。
このうち交渉中が5件あります。

今回は、【意外と知らないチェックポイント】を3つ御紹介します。

IMG_1952.jpg



① トイレの項目 『汲取』 『水洗』 『浄化槽』 『下水道』 について
   学校では教えてくれない排水形式。要チェックです。

 「汲取」…【くみとり】と読みます。いわゆる「ボットン便所」です。
       簡易水洗に改修してある物件もありますが、合併浄化槽オススメします。
       トイレ改修+合併浄化槽費用(100~150万円)を頭に入れるべきです。
       ちなみに浜田市の補助金332,000円(今年度実績)あります。

 「浄化槽」…単独槽の水洗トイレ。または合併浄化槽(2000年以降)。
       一応、このまま使い続ける事は可能です。便器交換も可能です。
       (単独槽は2012年の法改正で現在は新設できません。)

 「下水道」…普及率の低い浜田市で下水道の物件は幸運です。
       下水道料金はかかりますが、浄化槽の費用メンテナンスなど不要。


20170406_082537.jpg


② 駐車場なし

まず敷地が道路にどのくらい接しているか?チェックしましょう。
狭い道沿いや、道路に接していない場合もあるからです。

登録物件に意外と多いのが「駐車場なし」
対策は近所に駐車場を探すしかありません…?

いいえ。建物を「減築」して駐車スペースを作れるか考えましょう。
もし駐車場を借りる場合は月5,000円として…1台あたり「30年で180万円」
2台分なら360万円!

減築費用と「30年で360万円」を比べてお得な選択をしましょう。
または「駐車場ありの物件を差額300万円以内で探す」のが賢明です。



③ 築年数

現在、登録中の物件にも「明治」「大正」「昭和初期」時代の建物が含まれています。
本当に住み続ける事ができるでしょうか?もちろん可能な物件もあります。

正直、空き家バンクサイトの写真だけでは判断できないレベルです。
住宅の診断「インスペクション」が必要です。★★クリック★★インスペクションとは?★★

例え話を1つ。

「本当は建物を解体して、売地にした方が良いけれど…」
「解体費用を捻出できないなら、空き家バンクに登録してみたら?」
「ダメもとで、売れたらラッキー。」

もしも、こんな物件だったら…。危ないですね。

いくら「自己責任」でも、自分ひとりでは判断できないこともありますよね。
買主さんを守るのも私の仕事だと考えています。


住む



さて 【意外と知らないチェックポイント】 いかがでしたか?

「この物件、買っても大丈夫?」
「購入前なんだけど、リノベーション費用って、どのくらいかかるの?」


もちろん浜田市空き家バンクの物件以外でも、ご相談ください。

0120-961-011 担当:河島


Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

シェアハウス 銀杏荘 ②

浜田市黒川町にて シェアハウス「銀杏荘」 工事中です。

2/28 日経新聞朝刊にも記事が出ました!
20180228_日本経済新聞

↓入居者募集のサイトはこちら↓
★★銀杏荘:夢に向かって挑戦する若者を応援するシェアハウス★★

↓またクラウドファンディングも3/1より始まっています。期限は3月30日まで↓
★★チャレンジする若者を応援するシェアハウスを島根に作りたい!★★

クラウドファンディングの期限と同じ3月30日の完成に向けて順調に工事中です。
では、工事の状況をダイジェストで御覧下さい。

IMG_2004.jpg
もともとは一般住宅でした。天井も床も解体しました。
IMG_1988.jpg


IMG_2059.jpg
これが先日もお話した島根県にまだまだ残る「土壁」です。
IMG_2069.jpg


床を組み直して、天井を張って。
IMG_2074.jpg

IMG_2028.jpg
新しい間仕切り壁もできてきました。
IMG_2076.jpg


IMG_2095.jpg
窓も入れ替えて雰囲気が変わってきました。
↓ 前回のブログです ↓クリック↓
★★シェアハウス 銀杏荘 ①★★

およそ1か月後の完成に向けて工事を進めます。
夢に向かって挑戦する若者の為に、現場STAFFみんなで頑張っています!

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

リフォームとリノベーションの違い

「リフォームとリノベーションの違い」こんな風にお答えします。

リフォームは住みながらの工事が可能な「現状回復を目的とした改修工事」

もう1つは 「調査して 中古を買って リノベーション」
つまり、不動産物件購入サポート + 性能向上を目的とした改修工事
この一連の流れそのものが 「リノベーション」 と考えます。

正直、難易度の高い家づくりの手法だと思います。
住みながらの大規模な工事は危険な場合もあります。

そうなると購入時が唯一のチャンス。
せっかくなら…と、思い切った御提案をさせていただきます。

20140819_105217.jpg



では、家づくりの新しい手法として「リノベーション」を考えた時に 何から始めましょうか?

最初からリノベーションしよう!と言う方も珍しいかも知れません。
「新築も注文住宅とか建売とか、リノベーションって何なんだろうね?」

そもそも学校で教えてくれる情報ではありません。
誰に聞いたら良いのでしょう。こないだリノベーションした友人。何から始めたのかな?

IMG_1845.jpg

「広島でもマンションのリノベーションとか流行ってるみたいだな」

「まず中古物件を空き家バンクや不動産会社のネットで探さないと。校区とかどこがいいの?」
「銀行やJAのリフォーム相談会ってあるけど、何か教えてくれるのかな?」

「とりあえずLIXILやタカラのショールームに行ってみる?キッチンとかあるだろ?」
「そうだね。このあたりには住宅展示場がないから広島のココロに行ってみようか?」

残念ながらコレ全部「手段」です。
家づくり経験者や業者が提供する情報は「手段」が多いですよね。

予備知識のないまま「手段」に時間を費やしても、迷うだけです。
ちゃんと順番があるんです。

実際に、ここで遠回りしてしまうお客様の多い事。多い事。
家づくりを進める「最短ルート」を通らないと時間がもったいない。

ご存知のとおり「目的のための手段」であるべきです。
そこで本題。あなたを本気にさせる「目的」とは?


…こんな感じのお話です。
ご興味のある方には いつでも御説明させていただきます。

IMG_1294.jpg
↑ リノベーションで、ここまで素敵な空間に。2017年10月完成の施工事例です。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。