自然素材リノベーション スタッフ日記 | 島根県浜田市で本物の自然素材の家をご提案している TSデザインのスタッフ日記です。

2017 ものづくり メイキング

7/23(日) 「TSデザイン ものづくりを楽しむ1日」 開催します。
たくさんの子供たちの笑顔 STAFFみんなで楽しみにしています。

詳しくはHPと新聞折り込みチラシを御覧下さい。

A:パインでつくる椅子(¥700)難易度★★★
IMG_0408.jpg

横から見るとアルファベットの「A」のような形。
シンプルですが丈夫なデザインの椅子。


B:木枠でアート(¥500)難易度★★
IMG_0414.jpg

こちらは自分で好きなサイズに木枠をカットする楽しみがありますよ。
内部に何を入れるか?世界に1つの作品を作ってみよう!



今年は例年よりも部材が少なめで作りやすいと思います。

この他にも、タイルクラフトやレジンのアクセサリーなど。
楽しい物づくりをたくさん準備しています。



↓ 木工メイキングの過程。どんな順番で組立てたら簡単かな?
   いろいろ考えながら試作をしてみました。

IMG_0403.jpg

IMG_0400.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0402.jpg

夏休みの思い出に。
どなたでも参加OKです。

ちなみに毎年 午後の方が予約が少ないので、ゆっくり作業ができますよ。
まだまだ木工の予約 間に合いますよ! TSデザイン 0855-23-2345

Category : 日記
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古物件情報 2017年7月

今月のオススメ物件は 「 浜田三中校区 」
浜田市内では浜田一中に次いで、2番目に大きな中学校です。

浜田市立第三中学校 公式HP

私見ですが市街地よりも値ごろ感のある不動産を探しやすい地域かも知れません。
理由は3つ。
①旧市街地よりも空き地が多い。
②旧市街地よりも地価が10~20%安い地域もある。
③トライアル周辺は商業店舗やコンビニ、病院も多く便利。

さあ、中古戸建物件の御紹介に参りましょう。
1つ目は「日脚町の平屋住宅」です。
価格は1,000万円です。
ちなみに不動産には消費税はかかりません。(手数料はかかります)
水廻りを500万円かけてリフォームしても、総額1500万円。
建物の状態が悪くないので早いモノ勝ちですよ。

IMG_0365.jpg

特長は3つ。
土地が131坪とゆったりしている。
②建物が昭和58年築で「新耐震基準」の時期に建築されている。
③最初から暮らしやすい平屋の間取り。

詳しくは → しだお不動産HP




もう一つは「熱田町の海の見える中古住宅」
ちょうど日脚の物件の帰り道に案内してもらいました。

IMG_0364.jpg

どうですか?この眺望。2階窓からの景色です。
マリン大橋が見えます。花火も綺麗に見えるでしょうね。
あまりに驚いて外観を撮り忘れました。スミマセン。

IMG_0358.jpg
1階のリビングからも海が見えます。
内部は「海の見える広々LDK+水廻りのリノベーション」を推奨します。
700~1000万円かければ新築同様の住み心地になりますよ。
IMG_0359.jpg

まだ非公開情報なのですが物件価格は850~900万円で近日売出予定との事。
ややクセのある物件ですので下記の方にオススメします。

①とにかく海の見える家に住みたい。
②クルマの運転に自信がある。
③住宅密集地ではなく近所に気兼ねせずに暮らしたい。

こちらの物件に興味のある方。
または、別の地域でオススメ物件を探して欲しい方。

ちなみに先月のオススメ物件 → 6月 中古物件情報

資金計画からリノベーション計画、不動産取得のサポートまで。
ワンストップでお客様の住み替えをお手伝いします。

TSデザイン 0120-961-011 担当:河島まで。

Category : 中古物件情報
Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

平屋+LOFTのリノベーション【提案編】

みなさん一度は平屋に住んでみたいと思いませんか?
しかもそこにLOFTがあったら…。

新築では難しい平屋暮らしも、中古購入すれば可能性はあるかも。
瓦屋根の多い島根は、屋根勾配もあるのでLOFTに適していますよ。

ちょうど現在、中古物件の平屋をご購入予定の提案例をどうぞ。
IMG_0308.jpg
次回で3回目の打合せ。この辺でGOALのイメージを共有したいですね。
予算に余裕は無いのですが、思いきってLOFTを作る御提案をしました。

理由は3つ。
平屋とLOFTはとても相性が良い。
リノベーションの最初に計画しておかないと「後から」がなかなか難しい。
このタイミングでLOFTの有無を固めたい+LOFTの良さをお伝えしたい。

とりあえずピンタレストで画像を集めて御提案したり。
IMG_0309.jpg

↓ 昨年の施工事例の写真を見て頂いたり。
DSCN2628.jpg

↑ ビフォー(解体時)   ↓ アフター(完成時)

IMG_0812.jpg


TSデザインの新聞チラシでおなじみの「手描きパース」
↓ 今回は特別に描写過程を初公開です。

IMG_0347.jpg
①一番奥の壁を描きまして。
IMG_0348.jpg
②構造材(骨組み)を描くと解体状況が想像できたりします。
IMG_0350.jpg
③ここで別の紙に清書しながら魅せたい部分の描写を進めます(LOFT・TV壁)
IMG_0351.jpg
↑ このPLANは、キッチンの上がLOFTになっていますね。
IMG_0352.jpg
↑ こちらは画面手前にキッチンを配置して黒壁が将来の子供室に。
IMG_0353.jpg
↑ これがイチオシ最終案。階段を作ってTV壁の位置を変えて広々LDKにした場合。

④あっという間に、3種類のパースのできあがり!

パースを手描きしていくと、イメージ(妄想)が湧いてきて脱線したり発見があったり。
結果、2種類の作図予定が今回の様に3種類になったりします^^

せっかく平屋を購入するなら 「 LOFT 」 オススメです。

ちなみに打合せの結果、LOFTありの最終案に決まりそうです。
お客様にキチンとイメージが伝わったので、パースを描いた甲斐がありました。

今秋着工予定のリノベーション。みんなの憧れ 平屋暮らし いいですね。



Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

雑草対策と外構工事

梅雨になりました。
今年は雨が少ないですね。

この時期、悩みの種は「雑草」ではありませんか?
そんな雑草対策をきっかけにリフォーム外構工事をさせて頂きました。

149.jpg

↓ ビフォー      ↑ アフター 

DSC_0274.jpg

かなり広大な敷地でした。使い勝手を伺いながら…。
費用対効果を考えて何度か御提案させて頂きました。

お客様が1人でエリア分けを考えるのは正直難しいかも知れません。
お話を伺いながら一緒に考えました。今回はSTAFF謝敷さんも一緒に。

DSC_0284.jpg
手入れの難しい通路も側溝とコンクリートで雑草シャットアウト!
051.jpg


DSC_0282.jpg
裏庭の物干し屋根の下もコンクリートで万全の対策ができました。
キチンと側溝を設置して雨水対策する事も大切ですね。
052.jpg

最終的には大きく3分割。
「コンクリートエリア」「芝生エリア」「瓦チップ+防草シートエリア」に区分け。

089.jpg

151.jpg

154.jpg

093.jpg

095.jpg

最後に植栽を2本(ヤマボウシ・シダレ紅葉)植えて完成しました。

150.jpg

これからは綺麗になったお庭を眺めながら芝生の成長を楽しむ日々。
今までのように雑草に悩まされず済みそうですね。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback

中古購入と住宅ローン減税★要注意★

突然ですが、中古物件を購入してリノベーションを検討中の方へ★要注意★です。

20161110_093444.jpg

「 住宅ローン減税 」ご存知ですよね?そうです。
・年末の住宅ローン残高の1%×10年間、所得税から還付される制度・です。
簡単に言うと 「2000万円借入れした場合、20万円×10年=200万円キャッシュバック制度」

「確定申告したら 誰でも減税されるんじゃないの?」
「残念。大間違いです。それは新築の場合。」

中古物件の購入→リノベーション→中古購入費も工事費も住宅ローン減税を受けたい場合。
「耐震基準適合証明書」が必要です。(住民票の異動にも注意が必要)
詳しくは↓↓

耐震基準適合証明書とは?

ポイントは「耐震基準を満たしている(改修して満たす)建物か?」
ちなみに適合証明書は弊社で作成可能です。

★要注意★
「 ローン減税や補助金あります。耐震補強をしますか?しませんか? 」

20161113_114820.jpg

この文脈だと耐震補強をするのがお得のようですが…。
「 お客様の自由ですよ。 」

ただし、知らないのは残念ですよね。
「知っていれば耐震補強したのに…。」とならないように。
できれば耐震診断をして費用対効果を考えてみましょう。

実際に昨年、両方のお客様がいらっしゃいました。

①耐震補強してリノベーション。住宅ローン減税を取得された方。
②費用対効果を考慮して、コストを抑えてリノベーションされた方。

どちらのお客様も、判断に納得の上で新しい生活をGETされました。
それぞれ満足度の高いリノベーションになり、お喜び頂けました。

これからも大切にしたい事は 「 物件と向き合って丁寧にアドバイスさせて頂く事 」 
あとで後悔して頂きたくないので、必ず正直にお答えする事をお約束します。

では今回の★注意点★くれぐれも お忘れなく!

※ 弊社で工事頂いた方には確定申告時に必要な 増改築工事証明書をお渡します。
  工事費用については耐震改修の有無に関係なく、ローン減税の対象になります。

Posted by TSデザイン デザイナー on  | 0 comments  0 trackback